日本のネオコンの台頭
9月に投稿して以来、残念ながら日本は僕の予想通りの道を進んでいます。

中国脅威論。
もはやネオコンに支配されている日本政府は、与野党の隔たりなく、中国を軍事的脅威とみなし、それを内外に公言してはばかりません。その「脅威」が現実のものである必要はないのです。嘘でもいいんです。それがネオコンです。

ロシアだって、インドだって危ないっすよ。核兵器持ってんだから。
そんなかで、何で中国だけ危ないって言う必要があるんでしょう。意味不明です。
関係悪化だって、自らが撒いた種です。ていうか、わざわざ挑発してる。

強力な軍事力の存在を「脅威」というならば、僕は米軍が一番危ないと思うけどなあ。
同盟国という呼び方をしているけど、客観的にみれば日本は敗戦以来60年にわたって、アメリカに支配されている属国のような状態にあるのです。

それで国家の安全が保たれ、国内の平和が維持されているのならば、個人的にはそんなに大きな問題ではないと思うのだけども、親玉の米国政府がいまみたいに「仮想敵」をでっちあげて、それに向かって戦いを挑む、そういう風潮になってくると巻き込まれちゃいます。

なんとなくですが、日米印vs中露という対立が怪しくなってきました。
世界大戦になってしまうのか、局地戦になるかは不明ですが、戦争のにおいがします。
そして、日本軍参戦の兆しも。イヤですねえ...

僕は戦争は反対です。それで日本経済が潤うとしても、です。
しかし残念ながら歴史的には、繁栄した国家はほぼ例外なく戦争に勝った国です。
だが同時に歴史は、戦争に勝者が居ないということも示しています。
市民レベルで見れば、癒すことの出来ない深い傷を、誰もが負うことになります。

ただ希望はあります。米国内の変化です。
アメリカでは、ブッシュ政権に対する批判が相当強まってきました。
ネオコンが力を失いつつあるようです。
次期アメリカ政権が中国との共存共栄の道を選択すれば、日本政府のネオコンも孤立します。

いずれにしろ、中国経済の発展のスピードは誰にも止められません。
また、教育制度、学力の違いは、長期的には製造業の圧倒的な技術力の差として顕れます。

大半の日本メーカーは、中国メーカーにやられてしまい、日本経済は悲惨なことになります。
一方国内を見ると、昭和50年代から進化していない、効率の悪い農業。
たぶん、食うのにも困るような時代がやってきます。

これはもう、資本主義の競争に敗れるわけですから、しょうがないことです。
今まで日本は勝ってきて、次は負ける番です。
それがイヤだからと、軍事力にものをいわせて、、、ていうのは絶対やっちゃダメでしょ。

さて、どうやって自分の身を守ろうか...
[PR]
# by mkt700 | 2006-02-23 05:45 | 日記
日本にもネオコン

自民党の圧勝、自公での2/3確保を危険だと感じている人は多いようですね。
昨今の小泉首相の言葉には、ブッシュ大統領と似たものを感じています。

たとえば、「郵政民営化、YesかNoか。それを問う選挙だ。」
見事な2択クイズです。

そしてそのあと、民営化のメリットを説き、いままでの旧体制のデメリットを説く。
「そうだよな。Yesだよな。だから今回は自民党だな。改革を止めちゃいけないな。」
これで自民党に投票した人が沢山いたように思います。

郵政民営化、私も賛成です。
が、いまの自民党を見ていると、危険なにおいがするので、今回は民主党に入れました。その理由は、自民党幹部には、ネオコンが数多く存在するようなのです。

ネオコンは、ラムズフェルドに代表される超タカ派のことです。
BBCのドキュメンタリーを見たのですが、ネオコンは1950年代にシカゴ大の教授が
その起源だそうで、要するに民衆を束ねる政治戦略の思想です。

簡単にまとめると
1.仮想敵を作る
2.国民に脅威であるという意識を植え付ける
3.その敵と戦う自分たちを正義だとし、一致団結を誓わせる
→政府は自由と民主主義のため、悪と戦う正義のヒーローになります

問題は、仮想敵が実際に脅威である必要も実在する必要もないというところです。
BBCは、「アルカイダ」という国際テロ組織は存在しないと結論付けています。
実際には、イスラム原理主義という思想があちこちの小規模なテロ組織に共通しているだけで、連携・統率がとれた組織ではないというのです。

しかしアメリカは、それを「国際テロ組織」であるとでっち上げ、
米国の自由と民主主義に対する挑戦をしているかのようなストーリーを作り、
国民の恐怖を煽って一致団結を呼びかけたわけです。

ブッシュは冒頭に「似ている」と書いた有名な2択クイズを国際社会に問いました。
「我々に協力するか、それともテロリスト側につくか、どっちなんだ?」と。
国際社会はそれほどアホじゃなかったので、逆にブッシュがアホだと嘲笑しました。
しかし、米国内はメディアも含めて統制下に入り、大衆はブッシュを支持しました。

イラクも、実際には米国の脅威ではありませんでした。
国際テロ組織との繋がりも、大量破壊兵器も、存在しませんでした。
あったのは、米国政府が作った「テロ国家」という空想と、
戦後に米国企業が独占できるビジネスチャンスだったのです。

さて自民党ですが、安倍晋三は「自分はネオコンである」と公言しています。
彼が次の内閣の幹部を務め、時期総理の有力候補であることは間違いありません。

今後日本政府が、どのような政治戦術を取るか、予言します。
これが当たらない、ただの杞憂である事を切に祈ります。
-----------------------
1.仮想敵を作る
おそらく、中国か北朝鮮でしょうか。
この仮想敵は、米国の仮想敵としても同じく位置づけられるはずです。
アメリカも、アルカイダの次が必要なのです。

2.脅威を説く
メディアを中心に既に始まっているような気がします。
全体からみるとごく一部の人が起こした反日暴動を、あたかも全中国人が日本人を
目の敵にしているような報道が目立ちました。

米国の政府調査機関では、中国の軍事力強化を脅威とし、
今後2016年(だっけな?)までに台湾を軍事力で併合すると予測しています。
ネオコンの思想では、これが事実である必要は、ありません。

3.自由と民主主義のために、敵と戦う
「同盟国防衛」のため「専制的自衛権の行使」がされるのでしょうか。
そのまえに自衛隊の軍隊化と、9条の改悪(彼らは改正という)は必要です。
(前も書きましたが、米軍も英語名は「Defence」です。)
-------------------------

歴史上、戦争は大義としては攻撃を目的に始まったことは、殆どないそうです。
常に「自国防衛」のため、「脅威の排除」のためとして過ちは繰り返されてきました。

我々一般大衆は、戦争が起これば勝負に関係なく、犠牲者となります。
これは歴史が証明しています。大衆に幸福をもたらす戦争は一度もなかった。

このところ、バラエティーに自衛隊が出てきて、お笑い芸人と絡んでいます。
戦争モノ、自衛隊モノの映画もずいぶんと増えたと思いませんか?
悲劇的というより、主人公はヒーローとして描かれているような気がします。

なにかがおかしい気がします。
[PR]
# by mkt700 | 2005-09-14 04:52 | 日記
鬱病
僕は実は昔から鬱病もちです。
いつからかは、分かりません。
たぶん高校か、大学のころからだと思う。

ただ、自分的にはそれほど異常なこととも思えず、
病気って言うカテゴリーに入れるほどのものかどうか、
また治療なんてものが必要なのかどうかもわかりません。

はっきりした症状が出たのはMBAを目指してGMATの勉強をしているとき。
吐き気がして、恐怖感に襲われて、パニックをおこしました。
まぁ、目がクラクラした程度で深呼吸したら治まったけど、
心療内科にいって薬をもらったときは少しショックだったかな。

で、いろいろ鬱についてネットなどで独自に調べていくうちに、
自分がここ10年以上鬱状態にあったと分かったんです。
それで気が楽になりました。なんだ、いままでと一緒じゃんって。

今日のニュースで、心療内科以外の一般の医者が、
患者の鬱を判断する基準ってのをやってました。

最初に2つ質問して、そのうちひとつに引っかかると鬱の可能性が高く、
最後に「最近罪悪感を覚える」に該当すると重度だというのです。

そのうちの質問のひとつが、
「このところ2週間で、心から楽しいと思うことがなかった」
ってやつです。

うーん・・・ ない。
仕事が忙しくて、楽しい時間をすごすって事がないんです。
それに「心から楽しい」って感覚、僕には昔からあまりありません。

なんか醒めてるというか、諸行無常とか色即是空的な考えがあって、
僕には感情の起伏があまりないんです。
なんていうか、低く安定してます。

安定してるんだから鬱じゃないんじゃないかなぁ、なんて思うけど、
色々調べたけど、これも軽い鬱に入るようです。
オレはこれは、「思想」の問題だと思うけど。

今の世の中は、「明るく元気に生きる」のが理想であり、
その状態が「健康である」とされているような気がします。
よって、諸行無常的な発想は、健康ではない=病気であるとなります。

だとすると、仏教思想は病気の根源になってしまう。

オレはそうじゃないと思う。

生きているって、辛くないですか?
僕は毎日苦しいし、辛いことばかりです。
生きていくって、大変なことです。でもだからこそ、価値があります。

楽しく生きている人って、身の回りにいるでしょうか?
明るく元気に見える人は、本当にそうでしょうか?
誰だって悩み苦しんで、それに立ち向かい、何度も負けながら生きているように思えます。

みんな、鬱病的なものと戦って生きてるんです。
その程度の問題で、実は明確にどこからが病気と定義されるか不明確なんです。
定義してるのは人間です。なので非常にいいかげんなもんです。

僕は夜型の人間で朝は苦手です。
鬱の症状にこれがあります
→朝、おきるとだるい。でも夜になると、元気になる。

僕は高校1年のころからこうです。
理由は単純。勉強や仕事が嫌いだからです。終わったあとは元気になる。
これを病気扱いされちゃやり切れません。

僕は自分の悲観主義と心配性のおかげで、ここまで来ました。

将来を心配して大嫌いだけどしょうがないから猛勉強し、仕事もし、
わりと良い成績で一流私大を卒業、大手メーカーでも懸命に働いて、
MBAには社費留学、帰任してからも仕事は順調です。

コツコツと努力を積み上げてこれたのは、世に言う鬱病のせいです。
もしもっとあっけらかんと生きていたら、勉強が大嫌いな僕は、
確実にダメリーマン街道まっしぐらだったでしょう。

ただ幸せか?と聞かれれば、僕はいま不幸せです。
幸せを感じたことは、ここ1年でほとんどありません。まぁ鬱ですね。

しかし、努力が無駄だったとは全然思わない。
努力しなかったら、いまもっと不幸を感じる状態だったと思う。
自分の「鬱病」と戦うために努力して、結局治らないんだけど、
刹那に遊んでしまうよりも、よほど意味があり、充実した人生を送っている。

ただ、先を考えすぎて、今の幸せを先送りしてまでがんばり過ぎたかも、
という感覚は少し芽生えてきた。

自分の考え方が、少しシフトしつつある。
でも僕は、世に言う「鬱病」な自分が嫌いじゃないし、「治ろう」とも思わない。
これは思想であり、自分の一部なんだから、自分らしく生きていく。

「死にたい」「もう生きられない」って毎日のように思うけど、
それは愚痴であり、弱音であり、本音は違うところにある。
それが明確に分かるようになったのは、先週のこと。。。
[PR]
# by mkt700 | 2005-08-14 07:29 | 日記
Defenceという名の軍隊
久々の書き込みです。
最近、仕事がクソ忙しく、ブログに時間を使うことが出来なくなったなあと思ったんですが…
しかし、冷静に考えると仕事は留学時よりは忙しくはないです。

なにが忙しいかというと、
楽天vs巨人を見たり、とりだめした「エンタの神様」を一気に見たり、
買い物に行ったりと、なんだかしょーもないことに忙しいんです。

時間や暇はあるものじゃなく、作るもの。
ブログに割く時間をなくしてしまっているだけなんですよね。

さて、先日5月3日の憲法記念日にNonfixというフジテレビの番組をみました。
非常に展開の早いドキュメンタリーで、ついていくのが大変でしたが、
とても面白い番組でした。

その中で、50年代に吉田茂首相が
「戦争は、防衛の名の下に行われるのが常であり、そうでなかった戦争は無い」
という内容の論述をしていました。

そしてさればこそ、日本は防衛力を含めたすべての軍隊を放棄する
というようなことを言っていました。
その後、米国の方針によりその数年後には自衛隊の原型が出来るのですが…

そこで私も、頭によぎったことがありました。
米軍も、米国では「Defence」と呼ばれているんですね。

世界最大、最強の米国の軍隊。
彼らは歴史上、自国の防衛のために戦ったことは殆どありません。
特に第2次大戦後はそうです。

イラク戦争だって、9・11テロとは殆ど無関係の国家に対し、
1.テロリストの温床となっており
2.大量破壊兵器を製造している「可能性がある」
3.独裁国家で国民の自由が奪われている
という「大義」のもと、「国家の脅威であるから」とDefence力を行使しました。

結果、苦しんでいるのは、イラク国民です。
彼らは「民主主義」を手にしましたが、平穏な生活を奪われました。
「米軍の犠牲者がxxxx人にのぼっている」というCNNの問題提起もいいですが、
それより何の罪も無いイラク国民の犠牲者が、10倍以上いるのではないでしょうか。
腕や指を失ったりした「負傷者」の数は、それよりも多いはずです。

一方で、イラク戦争で発生した「ビジネスチャンス」を掴んだ米国企業の人が
べらぼうな利益を上げていることは、Newsweekなどで報じられている通りです。
その「経済効果」により米国の景気が底支えされていることは間違いないでしょう。
あの戦争で、誰が「勝って」、誰が「負けた」のでしょう?

このところ、「国益」や「防衛」といった歴史的に戦争勃発の原因となった言葉を
この国でもよく目にするようになりました。

戦争の敗者は「国家」ではなく、戦争によって犠牲になった一人一人の人間、
そのすべてです。戦勝国も戦敗国もなく、傷つけあったすべての人間です。
そしてその殆どは、どこにでもいる、何の罪も無い一般市民です。

Nonfixで是枝監督が繰り返し強調していた「忘却という暴力」
「諦め」「無関心」これも結果的には加害行為に近いということ。

こういう時代だからこそ、我々「平民」の一人一人が関心を持ち、考え、
ただ漠然とした被害者意識だけを持たず、されるがままに「時代」に流されず、
国家を形成する1個人としての自覚と誇りを持って、行動しなければならないのだと、
改めて考えさせられる、とても良い番組でした。
[PR]
# by mkt700 | 2005-05-08 23:37 | 日記
War on terror -アメリカのメディア統制-
前回の続きです。
ミラノ-ロンドンと周ってきて、かなり疲れました…
今日は、前回何を書きたかったのか思い出しながら…

僕が留学中に、アメリカがイラクを攻撃し始めました。
その頃にニュースを見ていて、かなり違和感を覚えました。
全ての番組で、米軍を「Hero」と呼び、国連無視に対する批判はありませんでした。

直感的に、これはなにかあると思いました。
戦争批判的な発言がはばかられる、そんな雰囲気がありました。
戦時下の国家とはこんなものかと思いました。怖いものを感じました。

やはり、メディア統制が行われていたようです。
戦時下のメディア統制に関しては、賛否両論だと思います。

ここではあえて詳しく議論しませんが、戦争と無縁の一般市民にはあまりにも刺激の強すぎるリアルな映像がテレビを通じて流れてしまうといけません。
しかし一方で、戦争相手国に対する敵意をあおったり、伝えるべき事実を必要以上に隠蔽したり、捻じ曲げたりする「大本営発表」的な報道はいただけません。
私はバランスが大事だと思っています。

さて、米国一般市民にとって(そして我々日本人にとっても)情報源は新聞とTVです。しかし、新聞やTVは政府やその他の圧力を受けながら、ニュースを作ります。
その圧力を受け入れるメディアと、抵抗するメディアとに分かれます。

どのメディアが言っている事が、より真実に正しいかを良く考えながら、
様々なメディアに目を通していくことが重要です。
当時のアメリカでは全ての報道が統制下に置かれていたため、国際ビジネスの教授などは、学生にはBBCのWebを見るように勧めていました。

しかし、こうした考えを持っているアメリカ人は少数でしょう。
多くの人は、メディアのニュースは「事実だ」と信じています。
選択された事実が、中立な報道だとはいえないんですが。。。

今回のイラク戦争を「肯定」したアメリカ人は、恐らくFOXなど一部の偏ったメディアの報道をそのまま真に受けてしまったのでしょう。
彼らを責めることは出来るでしょうか?私は違うと思います。
一人一人は、家族を愛する普通の市民です。

メディアの責任か、政府の責任か、私は政治学やメディア論を良く知らないので、その判断は出来ませんが、一つだけ思うことがあります。
それはメディアの力の恐ろしさです。

一般的に、米国人は国際感覚が非常に鈍い人々です。
パスポートを持っている米国人は、8人に1人くらいです。
ヨーロッパやアジアの白地図を見せて、国名を入れさせると殆ど間違えます。

私と一緒にMBAの国際ビジネスの講義をとっていた米国人学生は、他のクラスメイトに比べてInternationalに関心が高い連中でしたが、それでも白地図のテストでは大苦戦していました。日本人、ヨーロッパ人には楽勝だったんですが…

余談ですが、自分の学校の中国人たちも、他国には全く興味がない様子でした。
国際関係のクラスをとる中国人は常にゼロ。
いつも中国人だけで固まって、他国籍の人と交流を図る人は10%くらいでした。

あるとき、アメリカ人の友達に「海外旅行をしたことある?」って聞いたら、
「正確には海外じゃないけど、テキサスに行ったことがあるよ」って…
ま、中西部から見れば確かにテキサスは異文化情緒がありますがね…

アメリカ人の感覚では、アメリカが世界です。
だからMLBのチャンピオンは、「ワールドチャンピオン」なんでしょうか。

最後に面白い統計を、NYC出身のクラスメイトが教えてくれました。
教育水準とブッシュの支持率が、負の相関関係にあることが分かったそうです。
なんか、相当明確な相関なんだそうで。

アメリカが軌道修正をすることを祈りつつ…
しかし今日も、イラクでは一般市民が殺されています。
[PR]
# by mkt700 | 2004-11-12 02:33 | 日記
ブッシュ政権第2期 -War on terror とは
War on terror = テロとの戦い
アメリカのメディアの殆どが、イラク戦争開戦時に使っていたフレーズです。
事実を隠す、非常に優れたキャッチコピーです。

いまはどうか知らないけど、CNNは今年の春にはIraqi invasionというサブタイトルをつけていました。「イラク侵攻」と訳すのが適当でしょうか。
知識層には半ば馬鹿にされているメディアのFOXは、ブッシュ政権支持のため、War on terrorを使い続けました。

アルカイダ掃討作戦をアフガニスタンでやった、ここまでが対テロリスト戦争。
フセインとアルカイダは、もともとは志を異にし、敵対する組織だったとか。
だとすると、イラク侵攻は9-11とは無関係です。
それが「イスラム共通の敵」としてブッシュが登場したために、呉越同舟、
却ってイスラム系国際テロ組織を結束させてしまっている。

日本のメディアを中心にしてますが、BBCなど海外メディアも見て、自分なりに考えている現状って、だいたいこんな感じです。違う事実もあるんでしょうが。。。

さて今回のBush再選では、イラク戦争が支持されたという見方が強いようです。
だとすると、ブッシュを指示した51%の米国民は、
1.アメリカの国益(または私欲)のためなら、他の国の人はどうなっても構わない
2.イラクで何が起こっているのか、国際世論がどうなっているのかを知らない
のどちらかでしょうか?

主婦層の間に「米国民がより安全に暮らすために、脅威になる国を叩き潰してくれる、強い政権に守られるから、ブッシュの方が安心だ」という意見が多かったとNHKで言っていました。

とんだ誤解です。

イラク侵攻の結果、米国はそれまで以上に敵を結束させ、米国に恨みを持つ人々の絶対数を増やし、たぶん歴史上一番テロの危険性に直面しています。
だから、入国審査の時に外国人を全員「犯罪者扱い」して、指紋を取り、顔写真を撮るという、非常にコストのかかる「安全対策」が必要になっているんです。

以前なら必要がなかった警備をしなければならないため、米国人たちは様々なコストを支払わされるわけです。野球を見るにもカバンチェック。もう鬱陶しいったらありゃしない。
警備員や警察などの雇用も増えますが、社会全体としてみるとコスト高な社会になるわけで、それは究極的には国民負担=米国経済の足かせになります。

ま、米国経済が沈んでいくのは勝手ですが、イラク人はどうすんだ?

大統領選の日を狙って、バグダッドでは20人のイラク人がテロリストに殺されました。
テロリストが見当違いな悪事を働いていて許せないのは当然です。

でも、こんなバグダッドに誰がした?って地元の人は思ってるでしょう。

毎日歩いていて、路駐している車がいつ爆発するか分からない。
実際に、友達や、親戚や、知っている人が爆死してしまう。
僕なら、頭がおかしくなりますよ。

ほんの少し、当事者意識を持って想像してみれば、分かることばかりです。

なんだろう。なんかやりきれない。
留学中、アメリカ人にとって、州が国で、アメリカが世界だって思っていると感じたことが何度もありました。でも、だとすると他の国って、どう思っているんだろう?文字通りのエイリアンの国なんだろか?他国の人は下等で、植民地にしてもいいとか思ってるのかなあ。

オレはそこまで米国人が身勝手だとは思えない。
知らない、関心が無いだけなんだと思う。

知らないことの怖さ、メディア統制の怖さについても考えちゃいます。
もう遅いから、明日からのミラノ出張から帰ってきたら、書いてみます。
[PR]
# by mkt700 | 2004-11-04 03:05 | 日記
おいしいNY出張と大統領選挙
先週末、NY出張にいってきました。
簡単な打ち合わせと、展示会を見るだけという、いわゆるオイシイ出張です。

会社の方針で、「格安航空券」(正規割引チケットですらなく)を手配。
旅行代理店の人が「経営、苦しいんですか?」だって。(^-^;
大きなお世話じゃ。こういう努力の積み重ねでの過去最高益じゃい。

ま、それはそれとして、NYCでの週末。
仕事があるとはいえ、打ち合わせを終えれば基本的にはフリー。
自分の買い物をしながら、PC店などにも立ち寄り、一応「市場視察」
うーん。弊社の製品は苦戦してる。。。

a0015090_6564874.jpg


この写真は、チェルシーのあたりでみかけたもの。
こうやって、現職政権を堂々と批判するもんが街にあるってなかなかすげえ。
ま、これがどんな団体なのか知らないけど。

米国大統領選に関して、会社の同僚(米国人)にきいたところ、半々ってところ。ブッシュ支持派は、ケリーより経済政策が良いからって言ってた。(ん?)
ケリー支持派は、どっちかっつーと反ブッシュ。イラク戦争は間違いだと。

自分の考えでは、イラク戦争は完全な侵略だったと思います。
「持っているかもしれない危険な武器を使うかもしれない」
って理由で、国連決議まで無視して他国に攻め込んじゃいかんでしょう。

イラクも、国連を長期に渡って無視し続けたのもいかんけど、
やっぱ度が過ぎている気がします。

すごく嫌なのが、NBCとかで「米国人の犠牲者は累積1000人以上」って言うんですけど、イラク人の死者が15000人?くらいだってことを全然伝えないこと。更に言えば、イラク侵攻の際にイラク兵をじゃんじゃん殺しましたけど、彼らだって家族のいる人間です。
遺族の悲しみは「大量破壊兵器はなかったよね。ごめんね。でもフセイン居なくなってよかったじゃん!」じゃぁ済まされないはず。

一部にしろ米国に恨みを抱き、テロリストを支持するイラク人もでるでしょう。
(一般市民を巻き込むテロ行為はどんな理由であれ許されないですが)

最も重要なのは、大部分のイラク国民が最も爆弾テロの恐怖にさらされ、
毎日のように、米国兵の何倍もの犠牲者が出ているという事実です。

今回の大統領選挙は、米国民の良識が問われているような気がします。
もちろん、他の要素もありますけどね…
[PR]
# by mkt700 | 2004-11-03 07:26 | 日記
渋い国内出張
国内出張に行ってきました。
田舎の工場に「事業所」というのがあり、そこまで行ってきました。
そこでしっぶい日本メーカーの現実を見ました。。。

泊まる宿は、「ホテルは高い」ということで、なんと「健康ランド」です。
そう、いま流行り?のでっかい浴場です。
差額はわずか2000円。それでも削れるところは削ります。

入るとまず、受付の前に靴をぬぎます。土足厳禁です…
部屋に入ると、5畳弱の部屋にシングルベッド。
風呂はついてません。大浴場を使います。

まず、部屋にスリッパがありません。よってみんな裸足です。
風呂も温泉じゃありません。ジェットバスや、「薬草風呂」と名づけられた
入浴剤入りの風呂はあり、サウナもあります。

風呂にはガテン系のオジサンたちがいっぱいです。
浴場はどこへ行っても漂白剤のニオイがいっぱい。これ苦手なんです。
しかも風呂の水も結構汚い…泡とか浮いてるんです。

ま、先日までいた寮よりゃマシ。我慢して風呂に入って寝ようとしました。
ベッドが小さすぎて、足がはみ出ました(笑)
僕は186cmあるんですが、足がはみ出るほど小さいベッドは、初めてです。

しょうがないから、対角線を使って寝ましたが、隣の部屋の人がケータイで
話していて、なかなか寝れません。壁が薄くて全部聞こえます。早く寝ろよ…

朝は6時に「館内放送」で起こされました。
内容は、お客さんの呼び出しでした。内線電話を使えよ。。。
ちなみに弊社、部長クラスまでは同じ扱いです。
僕は最速でもあと12年は、健康ランドから逃げられません。

メーカーは、こういう細かい努力で「固定費」を削って頑張っているんです。
友人が「リストラ中」の銀行に勤めていますが、彼は一流ホテルに泊まっています。
なんか、いろいろ考えちゃいますね…どっちが間違ってるのか分からないけど。
[PR]
# by mkt700 | 2004-10-18 00:15 | 日記
MBAうざい説について
MBAうざい説。
これも身の回りでも良く聞きます。
私も何人か、鼻持ちならないMBAに出会ったことがあります。

自分が仕事が出来るってこと(キャリア)をやたら自慢(アピール?)する人。
知識をひけらかしたり、人のことを小馬鹿にしたようなことを言ったりする人。
やたらMBAを強調し、「キミたちとはクラスが違う」という態度をとる人。
あと、横文字が異常に多い人!

うっざいですよね~(苦笑)

でも一つ、言わせてください。
こういう人は、多分MBAとる前から、うざい奴なんですよ。

僕の大学は中堅校で、大したとこじゃなかったからかもしれませんが、
そういう優越感のカタマリみたいな奴は、あまりいませんでした。
(あ、みんな外人だから横文字は除きます)

でも、確かに居ましたよ。鼻持ちならないうざい奴ら。
そういう人たちってでも、結構勉強や、プロジェクトは出来るんですよね。
クラスでも発言が多くて、成績優秀者リストにも入ったり。
でも卒業時に就職決まってなかったですけどね~(笑)

たぶん、あーいうのがまたいろんなとこで目立つんでしょう。
しかもあいつら、聞かれなくても自分でMBAっていうし。
マジでやめて欲しいです(苦笑)

あと、MBAは理屈っぽいという人も。これは、本当かもしれません。
学校ではきちんとしたロジックを重んじますから、
突っ込まれにくい言い方をするようになります。
きっと、もっと喋りがうまくなると、一言二言でズバリ言えるようになるんでしょうが、その境地にはなかなか。。。

自覚してますが、僕も留学終えて理屈っぽくなりました。
誰かに言われたわけじゃないけど、そう思います。
しっかりしてる、と感じる人もいるでしょうが、うざいって感じる人も多いでしょう。
だから僕も、うざくなったのかも知れないなあ(悩

私のMBA同期が、社内会議で「MBAだからって生意気だ」といわれたそうです。こういうのを聞くと、傷ついちゃうし、悩んじゃいます。

僕は、MBA=うざい、というステレオタイプが怖いので、
なるべく人には留学してたことを隠しています。
同時に、MBA=仕事出来るってステレオタイプも怖いです。
「あいつはMBAだから」が先にあると、とかくロクなことにならないんです…
とにかく、自分は自分として評価して欲しい。

最後に、横文字について。
学校で理論を英語で習っちゃうんで、適当な日本語が見つからないことがあるんです。日本語にするのが難しい英単語も多いんですよ。

例えば、私の選考のMarketing。
すっかり日本語になっちゃってますが、さて、なんと訳しますか…
販売促進?んー。もうちょい広い範囲を含みますよね。

あと、Management。
管理?経営?んー…なーんかフィットしないですね。
あ、またフィットなんて言い方を。。。
うざいですね~
ごめんなさい…気をつけてるんですが…
[PR]
# by mkt700 | 2004-10-10 01:17 | MBA
MBA不要論
MBAなんて要らない、MBAは仕事が出来ない、って話をたまに聞きます。
ある人は、身の回りの「MBA」で空論ばかりぶってダメな奴がいる、とか
またある人は、友達の会社でMBAがいて、全然使えないって聞いた、とかです。

僕は多分、それは本当だろうと思います。
ただひと言、指摘したいことがあります。
それは、「MBA」と「仕事ができる」は、そもそもあまり関係ないということです。

身の回りで、たまに「評論家」っていますよね?
ゴルフダイジェストを毎号読んでて、スライスはこうすりゃ直るとか、
クラブ選びはどうのこうのとかさんざんウンチク言って、コースに出りゃ10xの人。
で、「忙しくてあんまり練習してないから、今日は調子がでないや」って人。

卒業したてのMBAなんて、そんなん。(もちろん出来る人はデキますが)
要は、ビジネスの参考書をメチャクチャ読んで、ケースでシミュレーションして、
自分の給料にひびかないコンサルの真似事をしただけですから。

ゴルフで言えば、せいぜい打ちっぱなし+アルファ程度です。
我流でたたきあげた歴戦のサラリーマンからすれば、「口だけ達者なダメ男」
実績が伴わないと、そう言われても、その通りっす。

何でもそうですが、知識と経験って両輪だと思うんです。
本だけじゃ、ゴルフは上手くならない。仕事も出来ない。
ただし、我流でもある程度までいけるが、どっかで知識が欲しくなる。

MBAは、経営に必要な広範な知識を得るプロセスです。
よって経験がないと、MBA取っても全く仕事は出来ないっす。
だから「仕事が出来ないMBA」は、居て当然なんです。

たまに誤解してる人は、「MBAで2年も勉強したのに、コイツ全然使えねー。」
こういうケースは、特に大企業に多いと思われます。
権限が小さくて専業化された仕事では、MBAの広く薄い知識は役に立ちまへん。

「じゃあ、何でいったの?」って話になりますよね?
僕も実は分かりません(^^;)
MBAですごい仕事が出来る奴がいて、そいつみたいになりたくて取ってみたら、
こういう「現実」が見えてきたって感じです。 オレも幻想をみてました。

自分は、勉強した広く薄いベースの知識に加えて、これから将来いかに
「業務経験」+「自分の専門分野の深い知識」を努力と勉強で伸ばせるか、
によって、自分が彼みたいになれるかどうかが決まると思っています。

僕の感覚では、MBAっていろんな会社と部署をひたすらたらい回しにされ、
基礎の仕事を覚えたら、次、また次、って1年やって、2年目は自分のやりたい
部署で同じことやってたって感じです。だから、広く薄い知識が得られる。

これって得難い経験だと思います。視野が全然変わりました。
広くなったかどうか、分かりませんが、多面的に物事が見れるようになった。

ある人には、MBAは確かに不要でしょう。
自分から興味を持って、色々な事を独学で吸収できる人。
それから、即戦力が欲しい企業には、新卒MBAを雇うと期待はずれかもです。
だから「MBA不要論」反対はしません。

しかし視野が狭かった僕には、MBAの2年は十分価値のあるもんでした。
それがフツーに出来てる人には、価値の無いもんかもしれませんが。
そんな風に思います。

次回は、「MBAうざい説」について。
[PR]
# by mkt700 | 2004-09-27 00:05 | MBA
新装開店します。
このブログ、しばらくほっっっっったらかしにしてましたが、
いまだに平均20名さまほどが迷い込んで来ている事に気付き、
装いを変えて(ってオリジナルスキン作ろうと思って挫折。。。)開店します。
たぶん週末だけしか更新できませんが…

タイトルも変えました。
「MBA」って一時期ブーム的になって、最近一段落してきましたが、
実際、取って来た奴はどんな生活してるんだ?!って、
実は非常にフツーの生活が待っているっちゅう現実を、
僕の日記を通じて感じてもらえれば、と思います。

まずは、巷でたまに聞く、
「MBA不要論」「MBAは使えない説」「MBAうざい説」
について、次回ちょっと書いてみたいと思います。
[PR]
# by mkt700 | 2004-09-25 21:58 | 日記
TOEIC もしや撃沈?
今日、TOEICを受けてきました。
試験会場が法政大のキャンパスだったので、
女子大生がいっぱいいるかと思ったら、夏休みであんましいなくてがっくし。

以前留学前には、留学生必須のTOEFLをやっていて、
受験資格が与えられる250点(Paperの600点)はクリアしてました。

その後、2年留学して読み書き聞き喋りとかなり鍛えられたので、
TOEFLより簡単だと言われているTOEICは楽勝でしょう、と高を括って
全く試験対策をせずに臨んだんですが…
結果、見事に撃沈くさいです。。。

一般にTOEFL250点=TOEIC860点といわれているので、
860以上取れればまぁ良い感じかなぁと思っていたんですが、
今日の感触では800点すら危うい感じ。
ま、でも4択だから200/4=50を足して850前後って感じになるのかなあ…
これって運で、実力じゃないんですが。

特に、リスニングでは「聞きなれない慣用表現」に泣かされました。
つまり、英語の教科書に載ってる系の慣用表現です。

ETSってアメリカの会社のはずなのに、なんであんな日常には
殆ど使わない慣用表現をテストに入れるんでしょう?
もしや世代が上の人か、地域が違うと使うのかなあ…

質問と答えは一字一句クリアに聞こえてても、
「あれ?ドンピシャの答えがないぞ?」
が、いくつかありました。消去法で合ってるハズですけど…

さらに、出題形式にもなれてなかったせいで、
リスニングの問題先読みテクに途中から気付くまでは結構アップアップだったし。

リーディングセクションでも、知らない語彙も結構出てたなあ。
特に熟語は困りました。あれは定型にはめるというより、覚えるだけですから、
普段の会話に出てこない熟語には全く太刀打ちできませんでした。

今回の結果が来るのは来月末くらい。
負けず嫌いの性格なんで、次は900点目指してちょっと勉強しようかなあ…
でも、実務的にはあんまり意味ないんですよねぇ。

TOEICって、「聞く」と「読む」という受動的なCommunicationしか見ないんですよね。
「書く」と「話す」という、能動的な能力をみない。
2大TOEIC王国の日本人と韓国人が、英語によるCommunicationがヘタなのは、
こういうところにも依拠してるのかもしれません。

ところで一説によると、TOEICを受ける全人数のうち日本人と韓国人が
90%をしめているらしく…点数の分布を見て、世界水準の平均だと思っていたのは、
日韓の平均だったんですね… 以上今日のトリビアでした。
[PR]
# by mkt700 | 2004-07-25 16:25 | 日記
海外在住者の参議院選挙
海外に住んでる人は、選挙に参加するのが非常に大変です。
私もアメリカに住んでいた時、前回の衆議院選挙がありました。

選挙があるよ公示されてすぐ在外者投票をと思い、システムを調べました。
そしたらなんと!領事館(?)に6ヶ月前に届けなくてはいけなかったんです。

公示は選挙の半年前には行われません。
まぁ、移住してすぐ調べなかった私が迂闊だったんですが、
一体なんで半年も前に登録しとかなくちゃいけないんでしょ?
半年も、一体何を調べるんでしょうね?サッパリ分かりません。

しかも投票も、中西部の人はわざわざシカゴ領事館まで
パスポート持って行かなくちゃいけないんです。

私の住んでたところはシカゴまで車で3時間くらいのところだったんで、
まだ近い方だったんですが、調べてみたらミネソタ州の人まで
シカゴまでわざわざ行かなくちゃいけないんです。

ミネソタの端っこから、シカゴまで、車で多分片道12時間くらいかかります。
これ、まず無理でしょう?

しかももっと調べてみたらオーストラリアとか、かなり悲惨だった気がします。
たしか、シドニーにいかなきゃいけなかったような?
中東とか、国境越えて投票に行かなきゃいけない感じだったと記憶してます。

というわけで海外に住んでる人は、よほどNYCやシカゴなどの大都市に
住んで居ない限り、実質的に選挙権がない状態です。

あとちなみに、数年前まで在外者は投票権すらなかったことも挙げておきましょう。
ひどいもんですよね。これ。

で、今回はやっと日本に帰ってきまして、さて選挙に行こうと思ったんです。
それで、住民票を入れたついでに、選挙管理委員会に行って、
どうやって投票するのか、聞きました。

「引越しされて3ヶ月経っていないので、前の住所で投票をお願いします」
「・・・ は?」
「制度で、引越し後3ヶ月経っていないと、引越し先では投票が出来ないんです」
「げ!マジスか?」

ま、そんなわけで、今回私はまたしても選挙権がありませんでした。
やっと日本に帰ってきたのに!消費税返せ!
かなりムカつきましたけど、説明してくれた生真面目なおじさんに非はありません。
そのままおとなしく、説明してくれたことを謝して、すごすご帰りました。

ただ一番残念なのは、今回の選挙に行かなかった約50%の人たちです。

確かに、いまの候補者をみると頼りがいがない人ばっかですネ。
(恥ずかしながら)私の大学の先輩でもある現首相をはじめ、
「今度こそ」という期待を見事に裏切る政治家が次から次へと出てきます。

果ては、知名度勝負のプロレスラーや地盤勝負の2世3世の候補者たち。
テレビ討論をみても、民間企業だと仕事が出来なそうな連中ばっかり。

ていうか、そもそも討論になってないことも多いです。
みんな、言いたい「フレーズ」をマイクに向かって言っているだけで、
相手の質問に答えないっていうレベルじゃなくて、もうメチャクチャ。

ああいうのを見てると、確かに票を入れたくなる人材が居ないことも事実です。

でも、あの中から誰かが国政を担ってしまうのも、悲しいけど事実です。
これを変えるためにも、政治には積極的に参加しなくちゃいけないと思います。
参加したくても出来ない人が居るわけですから、
投票率が低かったのは大変残念です。

でも、もっとまともな人、視野の広い人、ちゃんと議論・仕事が出来る人材
が集まった政党ってありえないんですかね?
[PR]
# by mkt700 | 2004-07-12 01:55 | 日記
プロ野球1リーグ制
プロ野球がいま大変ですね。

球団経営が行き詰って、特にパリーグ球団を黒字にするのが大変だとか。
確かに今年のパリーグを見てると、10-4とか15-3とか、
ちょっとプロの一軍の試合とは思えないようなスコアが多いです。

10点以上入るってのは、打者がすごいだけじゃムリです。
ピッチャーがだめとか、四球が多いとか、エラーが多いとか、
なんかそういうのがないと、なかなか大量得点って起こりません。

野球のレベルが落ちるのは、ある程度しょうがないですよね。
少子化で人数が減ってるし、サッカーとか他のスポーツをやる子も増えてるし、
昔みたいに野球がスポーツを独占する感じじゃなくなりました。

もちろん、トレーニング技術の進歩とかでカバーできる部分もあると思いますが、
競技人口の減少を考えると、レベルが落ちるのも仕方がない。

レベル維持のためには、需給バランスを保つ必要があります。
つまり球団数、選手数を減らして敷居を高くすることで、レベル維持をする。
これを前提に考えた場合、特に選手層が薄いパリーグチームを減らすことは、
中長期で見れば間違った判断じゃないと思います。

しかしパリーグ5球団、4球団では、確かに面白みに欠けるので、1リーグ制に
してやるのも、経営判断としては、なかなかのアイディアだと思います。

ただちょっと、PR(Public Relation=広報)があまりにへたくそですね。

ビジネスの世界では、こういう話が水面下・密室で決まるのは当然ですし、
社員がそれに文句を言うことも、基本的にはできません。
だから、「無礼な、たかが選手が」という発言も生まれるんだと思います。

しかし、これはエンターテインメントビジネスです。人気が全て。
ファンは選手やチームに愛着を持っているわけで、オーナーには無関心です。

経営側はそこを理解して、選手会とのゴタゴタは避けるべきです。
来春ストという事態になれば、ファンはますます離れていきます。

合併に関してもオーナー含めて経営サイドは、熱心なファンとよく話し合って
なぜ合併が必要なのか、今後どういうプランを持っているのか、
キチンと説明して納得してもらう必要があると思います。

①「ファンが納得するしないに関らず、いずれにしろ合併しなきゃいけない」
②「キチンと説明したって、ファンは合併に納得してくれるはずはない」
とでも考えてるとしたら、経営者たちはアホです。
話し合いや説明があるのとないのとじゃ、心象が全く違いますから。

他にレベル維持の手段として考えられるのは、外国人枠を拡大/撤廃して、
韓国人選手、台湾人選手、中米の選手をどんどん入れて、野球を面白くする
という手もあるんですが。。。

「オーナー会議」は、いまファンを敵に回しています。
「協約に書いてない」って理由で古田選手会長と話し合う姿勢を見せない
ナベツネは、古田選手の後ろにプロ野球ファンがいることが見えていません。

ナベツネを批判すると、メディアや野球界では干されるらしいですね。
だからメディアも、なかなか彼の過剰/異常な言動を批判できません。

古田選手会長はいま、将来の自身のキャリアをリスクにさらしながら、
オーナーたちに立ち向かっているんだと思います

いまファンのことを考えているのは、現場にいる選手たちの方です。
オーナーたちは、数字しか見えていません。

あんなオーナー陣で、この先どうなっちゃうんでしょう。。。
いちプロ野球ファンとして、将来を憂います。
[PR]
# by mkt700 | 2004-07-10 20:58 | スポーツ
Gap Part1
Gapといっても、アパレルのGapではありません。
アメリカ生活と日本に帰ってきてからのGapです。

ポジティブなGapとしては、まずはメシですね。
当然だけど、日本の方が口にあう。
アメリカのものより、味が断然洗練されてます。工夫してるというか。

日本人は味にうるさいから、牛丼屋の「すき家」のようなファストフードでも、
かなりきっちりと味を作りこんでますよね。
「コク」とか「旨み」って、該当する英語がないんじゃないかなあ?

続いて、サービス。
本屋さんに行って、いろいろビジネス書を(7冊)調べてもらったんですが、
Book1st渋谷店の店員さんが一生懸命調べてくれました。
検索システムがちゃんとしてなくて、すごく苦労してましたが、
本当に一生懸命探してくれるんです。

アメリカでもBarns&Noblesなどは、サービスで売ってますが、
システムで分からないと「あるとしたらあの辺だから、自分で探してね」です。
だからAmazonの方がよくなっちゃうんです。中身、見れないのに。

ネガティブな点

まず、何でも高すぎますよね。
食料品とか、ホントどうしようもないくらい高い。

農業とか、もっと大胆に合理化(例えばM&Aで)すれば、
今の半額くらいで売れるようになるんじゃないかなあ。
ただそうすると、「昔から先祖代々やってきた」農家の人が失業しちゃうんで、
なかなか現実的に実行するのは大変なんでしょうけどね。

あと、家電メーカーが不必要に高いものを売ってますね。
電子レンジとか、アメリカだと$40くらいからあるんですけど、
日本だとゴテゴテ要らない機能がついて、1万円弱が一番安いものです。

扇風機ですら、マイナスイオンが出るだのなんだのって8000円以上の物も。
ま、扇風機はフツーの1500円くらいからあるから良いんですけど、
アメリカで見るような「超シンプルだけど格安」って商品がないんです。
ちなみに僕が持ってた上述の$40のレンジはSharp製だったんですけど…

同じものを高く売ってるわけじゃないから、別に「ボッタクリ」じゃないんですが、
必要最低限スペックの格安商品を日本で販売しないのは、なんでだろ?

交通費もえらいかかりますね。
ガソリンが高いのはちゃんと環境問題に税金使ってるならいいとして、高速代。
あれ高すぎませんか?チョコっと乗ると1000円超えます。

電車は結構、国際的にみてもリーズナブルな値段でやってると思いますけど。
特に私鉄各線。まさに経営努力ですね。がんばってほしいです。

ちなみにまだネットが繋がってないので、毎日アップができません。。。

P.S. 今日シブヤでヤマンバを久々に目撃しました。
    リバイバル中らしいですね。
[PR]
# by mkt700 | 2004-07-04 01:42 | 日記
レトロ生活?
はぁ。すごく久しぶりの更新です。

こうなってるのには、深い理由があって・・・
会社の寮に引っ越して、ネットが見れなくなっちゃったんです。

長野県の配属になったんですが、強制的に独身寮に入ったんですね。
これが結構すごい感じです。

バス共同、トイレ共同、洗濯機共同、冷蔵庫共同
築40年 和室6畳
寮の中は、「うわばき」を履いて歩きます。

一応、半年後に東京勤務がほぼ確定しているので、
「懲役6ヶ月の実刑」って感じです。

で、いろいろと生活セットアップをぼちぼちしてるんですが、
長野県ってのは、車がないと生活できないんです。
バスがほとんど通ってないから、ヤマダ電気にもいけません。
週末だけ、町に一つしかないネットカフェでネット環境に接続できます。

ってことで、月~金は、ただただ会社と寮を往復。
部屋に帰っても、テレビもない状態が続きました。

最初の一週間は、
テレビなし、冷蔵庫なし、電話なし、ケータイなし、クルマなし、
電子レンジなし、ネット接続なし、で、バス通勤して生活してました。

築40年の和室に、電化製品なし、バス通勤で暮らしてると、
なんか、昭和40年代前半の独身サラリーマンの暮らしってこんなだったんだな
って思いました。

先週はようやく、テレビを購入。
冷蔵庫とクルマも今日お金を払って、来週の配達です。
次はケータイをかわなきゃ。

クルマが来るまで、来週もバス通勤。
バスは1日10本くらいです。
1本乗り遅れると、90分こないこともあります。
PM9時になると、終バス逃します。早く仕事しないと帰れません。。。

「あたりまえ」にある電化製品に囲まれてますが、
これってすげえ便利なんですね。
今回、身にしみて実感しました。
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-26 21:50 | 日記
ヘアカット大失敗
帰国して早速、髪を切りに行きました。
僕は中学生の時から、同じ美容院を利用しています。
いわゆる近所の美容院です。

しかし実はこの近辺、「カリスマ美容師」(死語?)がわんさかいる場所なんです。
でも、ああいうのってすごく高いし、僕は4800円でカットできる、
昔馴染みのお店でずっとやってもらってました。

担当の人も、5回くらい変わってました。
で、今回電話したら、今までやってもらってた人が、先月辞めてしまったと…
ちょっと不安だったんですが、伸び放題の髪の毛を切りたくて行きました。

そしたら、「社長」と呼ばれているオーナー店長さんが出てきました。
いわゆる地元の床屋のオッサンです。

「オイオイ、腕は大丈夫かい?」と心の中でだけつぶやきつつ、
それでも「もうちょっと、若くて腕が良い人にしてください」
とは言えず、任せてみる事にしました。

今回はちょっとイメージを変えたかったので、雑誌をいくつか見せてもらって、
サラリーマンの領域を超えない無難な髪型を選びました。
坂口憲二をもうちょっとおとなしくしたような髪型です。

切り始めてすぐ、彼が悩んでいるのがなんとなーく伝わってきました…
一生懸命切ってくれましたが、どうにも全然雑誌と違います。
これじゃただのサラリーマンカットです。新橋で1500円で出来ます。

でも最後にWAX塗って、なんとか雑誌に近づけようとしている彼…
しかし切り方が多分根本的に違うんだから、何したってムダです。
結局、わけの分からん髪型にされ、街に放り出されました。

こういうときってイヤですね。
周りの人から見れば初対面だし、「ただのリーマンが歩いてるだけ」なんですが、
どうしても視線が気になります。

ま、しょうがないから、しばらくのばすか…
シカゴカブスの帽子、買ってきといて良かった。
それまでに、次の美容院、探さなきゃ。
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-20 00:36 | 日記
高津 初セーブ観戦!!
以前のMLB観戦記でも書いたように、私は高津の大ファンなんです。
理由は極めて単純で、25年来のヤクルトファンだから。
で、帰国もシカゴ ストップオーバーにして、シカゴで2泊し、
高津を見るためにW Sox戦を2つ観戦しました。

初日はW Soxが負けてしまい、登板機会ナシ。
チケットも最悪だったので、ま、いいかって感じです。
外野手とキャッチボールする高津が見れた程度でした。
高津って、キャッチボールも軽いサイドスローなんです(笑)

そして2日目。
壮絶な乱打戦…試合はかなり面白かったです。
でもW Soxが勝ちすぎても高津は出てこない…
しかしBravesが少しでも勝ってしまうと、やっぱり高津は出てこない…

リリーフピッチャーを見るのって、ホントに運だけです。
一応この日はブルペン目前の、最前列の席を押さえたので、
登板がなくても接戦なら高津は見れる公算でした。

8回表、W Soxリード。リリーフ陣がピンチになりました。
でも高津はまだブルペンで投げません。
なんとか押さえきって8回裏に入るとき、通訳の人が呼ばれてました。

8回ウラW Soxの攻撃が始まった時、ブルペンに出てきました!!
a0015090_104430.jpg

周りの外人も「Shingo-!!」と大騒ぎ。意外と(?)かなり認知度高かったです。
僕も負けじと「神宮から来たぞー。がんばれ高津ー!」って叫びました。
メチャ近かったので聞こえたと思います。軽く、頷いたように見えました。

W SoxにはコッチというCloserが居るんですが、彼は前のマリナーズ戦で
四球を連発して自らピンチを背負い、押出し四球でサヨナラ負けという
最悪の投球をしてて、監督の信頼を失っていたんです。
だからそろそろ、高津がCloserに昇格する頃だとは思っていたのですが…

9回表、Bravesの攻撃。点差は2点。高津がいよいよCloserとして登板です!
ブルペンでも、日本シリーズのときみたいに気合が入ってました。
球場大盛り上がりです。「New Closerだ!」って叫んでる人も居ました。

高津の低めの制球の前に、それまでのBravesの猛打がウソのように沈黙。
3人を、わずか7球。打者に全くタイミングを取らせない完璧な投球。
安定感のある初セーブ。35歳のNew Closerの誕生でした。

すごい打合いの試合だったけど、試合終了の瞬間に大スクリーンに
映し出されたのは高津の満面の笑みのドアップ。
カメラはずーっと彼を映してました。終了後のインタビューも高津でした。

いままでコッチの陰で地味にいい仕事をしてたのを、みんな知ってたんですね。
アメリカ最後の夜、最高の思い出が出来ました。
これからも、高津には是非頑張ってほしいです。
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-15 10:45 | スポーツ
恐怖のケーキ
マンゴーケーキ

yukunさんとこのケーキがあまりに美味そうだったので、
負けじと近所でケーキを探してみました。
a0015090_1599.jpg

上の写真のケーキ、すごい色でしょ。
これでもまだマシなほうです。白地だから。
なかには青や紫がベースのケーキもあります。
今回は見つからなかったんですが…

砂糖でコーティングしてあって、中身は風味もへったくれもない、
ただひたすら甘いだけのスポンジケーキ。
甘さはズバリ「砂糖MAX」。結晶が出来てジョリジョリいいそうなほど。
アメリカ人も、「あれは不味い、食いもんじゃない」と言ってました。
じゃ、なんでこんなもん作んだよ…

下の写真。
これ、一体なんでしょう?ホントにこれでも食い物なんでしょうか?
この鮮やかな色。プラスチックより派手な色です。

多分正体はマフィンです。マフィンってただでさえ不味いのに、
あのニオイが全然ない色鮮やかな砂糖のカタマリでコーティングしてあったら、
お味のほうは想像出来る領域を遥かに超えていっていることでしょう。

さすがに買えませんでしたので、スーパーで写真とって終わりです。
いいなあ、洗練されてる街に住んでる人は…
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-11 15:10 | 日記
Moving Sale!
引越しが漸くひと段落しました。
引越しに伴い、要らない物をMoving Saleに出しました。

a0015090_165022.jpg

例えばこのマウンテンバイク、$35で出しちゃいました。
元々Targetってスーパーマーケットで、$70で買った安物なんですが、
問い合わせがくるわくるわ…
もうチョイ高く売っても売れたかも。ま、良いんですけど。

相場は大体、新品の半額で出して、いろいろネゴって結局1/3で収まる
って感じみたいなんですが、僕は準備が遅れて4日で売りつくさなければ
ならなかったので、最初から全部1/3で出したんです。
結果的には価格戦略大成功で、24時間以内に殆ど完売しました。

デジカメで写真撮ってYahoo Photoにまとめて載せて、
そのURLをメーリングリストなどで公開するってのが、普通のやり方です。
写真の良し悪しとコメントの上手さが、売れる早さに関係してるみたいでした。
これで商品の第一印象が決まるからでしょうね。

このマウンテンバイクも、全然使わないまま地下駐車場に
ホコリまみれで置いてあったんですが(再発見時はほぼゴミ同然の汚さ)、
クモの巣取っ払ってキレイに洗車して、タイヤに空気入れて、
赤が映えるように近所の公園の芝生に持込んで写真撮りました。

おかげでブレーキが壊れてたにもかかわらず
(ハッキリ言って坂道じゃ止まらない)買値の半額程度で即決でした。

ダメだったのは、ビデオデッキ。
$24で出したんですが全然で、$19に値下げしてもダメ。
テレビデオかDVDビデオを持ってるか、ビデオなんていらないって人ばかり。

予想はしてたけど、ビデオ市場がこんなに冷え込んでいるとは知らなかった。
そういや、TV番組を録画するって、あんましないしなあ。。。
専らレンタルビデオ再生用。だとすると、DVDだけで十分だし。

意外と売れなかったのが、電子レンジ。$19と特価で出したのに引き合いなし。
他のものを買いに来た人たちに勧めたんですが、
「電磁波で食べ物を温めるのが怖いから」という、よう分からん理由で断る人も…
電子レンジって、健康に悪いの???僕が無知なだけなんですかね?
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-10 16:51 | 日記
ベランダから
日本は梅雨入りみたいですが、今日は天気がいいです!
a0015090_347.jpg

ウチのベランダからの風景です。
今まで住み慣れてしまってあたりまえの風景になっていましたが、
引越しを2日に控えて、日常の風景を撮っておこうと思いました。

よく野ウサギやリスが走り回っているんですが、今日は暑いからかいません。
来たての頃は、リスやウサギをみると感動してたんですが、
最近は東京で野良猫を見る感覚です…「あ、ウサギだ」くらい。
慣れって怖いですね。

こういうの、こっちの人は「アパートコンプレックス」って呼んでる気がします。
3階建てくらいのコの字型のアパートの群れです。
近所の地域はこういうコンプレックスが5つくらいあって、
どこも似てるんですが、老人夫婦とアジア人しか住んでいません。

田舎ですが非常に治安が良くて、住みやすい街でした。
よく、家のカギをかけ忘れて寝たりしてたほど、極めて安全です。
近所のスーパーでも、日本みたいに窓を開けっ放しで駐車してたりします。
みんな親切で気さくだし。アメリカじゃないみたいです(笑)
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-07 03:05 | 日記
I am Canadian !!
グローバルマーケティングの先生が、面白いCMを紹介してくれました。
I am Canadian ! という奴なんですが、ま とにかくご覧あれ。
(見るのには、Quick Timeが必要です)
カナダ在住の人は、特に笑えたんじゃないでしょうか?

私も5歳までバンクーバーに居たのと、カナダ人の親友が何人かいるんで、
カナダには相当な愛着があり、よって私はこのCMが大好きです。

基本的には、Nationalismを鼓舞するモノですが、
ちょっと自虐的に面白おかしくなっている所がCanadianらしさでしょうか。
国のアイデンティティーを語っても、全然右翼的じゃないところがカナダ流?

Listening Skillの弱い私には、細かいところが分からなかったので、
Google検索したら、やっぱありました!(以下)

Hey.
I'm not a lumberjack,
or a fur trader...
and I don't live in an igloo
or eat blubber, or own a dogsled...
and I don't know Jimmy, Sally or Suzy from Canada,
although I'm certain they're really, really nice.

I have a Prime Minister,
not a President.
I speak English and French,
NOT American.
and I pronouce it ABOUT,
NOT A BOOT.

I can proudly sew my country's flag on my backpack.
I believe in peace keeping, NOT policing.
DIVERSITY, NOT assimilation,
AND THAT THE BEAVER IS A TRULY PROUD AND NOBLE ANIMAL.
A TOQUE IS A HAT,
A CHESTERFIELD IS A COUCH,
AND IT IS PRONOUCED 'ZED' NOT 'ZEE', 'ZED'!

CANADA IS THE SECOND LARGEST LANDMASS!
THE FIRST NATION OF HOCKEY!
AND THE BEST PART OF NORTH AMERICA!

MY NAME IS JOE!
AND I AM CANADIAN!

"Thank you" って最後にまた控えめになっちゃうオチがお気に入りです。
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-05 18:43 | MBA
散らかり放題
いま、日本に帰国するので引越しの準備に取り掛かっているのですが…
散らかってて最悪です。

a0015090_135851.jpg

自戒の念を込めて一枚。。。

なんでこんなに散らかってしまうのだろう。
あったものを元のところに戻さないから。。。
簡単な事なんだけど、少しずつ、少しずつ、散らかっていき、
忙しいのを理由に片付けないため、結局いつもこうなってしまいます。

「こんなんじゃ、嫁さんになってくれる人がおらんわぁ」
と昔からよく母親に言われてましたが、確かにこれを片付けるのは大変だ…

そもそも、モノを持ちすぎてるんです。
見回すと、「もしかしたらとっていた方が良いけど、要らないモノ」が、
80~90%の面積を占めています。

こういう状態の部屋が、あと2つ…(ここが一番ひどいんですが)
一人暮らしなのに、2 Bed Room & 2 Bathのアパートに住んでるんで、
「散らかり密度」は低いんですが、とにかくいろんなモノが散乱してます。

これで「どこに何があるのか」は、ほぼ完璧に把握できてるんです。
で、別にこの状態でも、あまり不快には感じません。(慣れてるからかな…)
しかし、恥ずかしくて友達は呼べません。

これからこの部屋の片付けっす。
日本に帰ったら、絶対に整理整頓をするぞ!
と、過去に何度もたてた誓いを、またたててみる。。。
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-04 14:00 | 日記
テレビ通販にご用心
たまにはマジメに、学校で習ったマーケティングの話をします。

テレビ通販って、よくテレビでやってますよね。
僕は特に深夜にやってるものを見ちゃいます。
車が恐ろしくキレイに洗える洗剤とか、超効果的な筋トレマシーンとか。

こういうのをアメリカではマーケ用語で「インフォマーシャル」って言います。
このインフォマーシャルには、気をつけてください。

例えば、こういうエアベッド。
a0015090_43359.jpg

その辺で買えば、$17くらいのものです。
でもインフォマーシャルでは、これを$29.99+送料くらいで売っています。
日本のテレビ通販では、エアベッドは1万円するとか?!

しかし販売員の人が、実演も含めて「わぁ!これは便利!!」
とやられると、ついつい欲しくなっちゃうんですよね。

基本的に、テレビ通販で言っている機能自体にウソはないはずです。
それやったら、一発で捕まりますから。
よって機能に対し価格だけの価値があると思えば、買って損はありません。
もしそれがテレビ通販でしか手に入らないものなら、なおさらです。

しかし大抵の場合、テレビ通販の価格は「お買い得!」と強調しているけど
高いんです。テレビ通販のマージンは40-50%!くらいが相場らしいです。

これはテレビ枠を安い時間帯とはいえ30分~1時間押さえて、
商品のコマーシャルを徹底的にやるわけですから、そのくらい
マージンを取らないと、割が合わないためでしょう。

つまり、極めてハイコストなマーケティングプロモーション方法なんです。
そのコストを究極的に負担してるのは、買う人です。

無論PCの型落ちなど、メーカーが在庫をタダ同然で処分したいけど、
普通の市場にその値段では流せない時に、テレビ通販に頼む
というケースもあって、その場合はある程度お買い得「かも」しれません。

なぜお店より高くても消費者は買っちゃうのか??
価格を比較できないからなんです!

例えばエアベッド。
日本のテレビ通販では電動ポンプだの、なんだのかんだのをセットにして、
「なんと9800円!」とやります。
でも小売店で一つ一つ足し合わせていけば、9800円より安いはずです。
マージン構造から考えると、平均で7000円くらいのはず。
更に、小売店で売っているより 「少し良いもの」 を出しています。
よって直接比較は出来ません。

それよりなにより大きいのは、お客さんが 「家にいる」 という点です。
家に居るから、実際お店でいくらなのかが分からないんです。
つまり価格の比較が、物理的に出来ない。

お店に居れば、他の商品と価格を比較し、価値があるほうを買えます。
でもテレビ通販ではそれが出来ない=お客さんの注目を独占できる。
よって競合商品を、お客さんの頭から消し去ることが出来るんです。

あとは、お客さんにその商品の価値を強調し、
価格を 「安い」 と 「思わせれば」 それでオッケーです。

更にお店に行って比較させる余地をなくさせるため、
「今から明日の朝5時まの受け付けです!」
とプレッシャーをかけます。
同じ商品をまた次の週に、同じ価格で売るのに、です。

時間がある人は、テレビ通販を見たあと、楽天やGoogleでほぼ同じものを
ネット通販で探してみると良いかもしれません。

ちなみにネット通販でも、エアベッドは「電動ポンプつき」で7000円で
売ってるところもありました。
この写真を引用したサイトでは、ネット特価の3000円以下で売ってました。
同じサイトで「電動ポンプ=1980円」
当然、同じ品質の商品じゃないんでしょうけど…同じに見えました…

私は決してテレビ通販を、否定するわけじゃありません。
非常に効果的なマーケティングプロモーションツールです。
テレビ通販ならでは、お店には真似出来ない価値もあります。利便性です。

テレビ通販で買えば、わざわざ店に行ってエアベッドを探す手間が省けます。
この利便性は大きな価値です。忙しい人ならなおさらです。

ただ、「店で探して買うより高い」と言うことは、一考の価値ありです。
僕はビンボーで給料も安く、時間だけはあるので、お店に行って探します。
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-03 04:35 | MBA
ドジャース観戦
近くにドジャースが来たので、見に行ってきました。
a0015090_1350.jpg

石井は結構良いピッチングをしました。

ヤクルトファンなんで、元チームメイト?の活躍を見るのは楽しかったです。
でもこの日、一番の収穫は、ガニエ!!
コイツ、マジですごい。

現在2003年から、連続75セーブ成功中。
9回ノーアウト、ガニエが告げられると、地元のファンは帰っていきました…
ブルペンからマウンドに歩いてくる姿だけで、タダモノじゃない風格というか、
ただならぬ自信と、なんともいえないオーラがみなぎっていました。

1球目。変化球(たぶんチェンジアップ)。84マイル。
そして2球目。球場がどよめきました。直球99マイル(159km)!
3球目。ストレート。また99マイル!!
「99」ばっかなんで、スピード計が壊れたのかと思いましたが、
4球目、チェンジアップ、86マイル。壊れてなかったっす。

その後も99マイルが4球ほど、98マイルが1球ありました。
ネット裏で見てたらキャッチャーミットにボールが収まる音が全然違います。
ドッシ~~ン! ていうんです。

表示は同じ99マイルでも、速いのと遅いのがあったように見えました。
あの球場のスピード表示は2桁だったんです。
99マイル以上が表示されなかっただけなんじゃないかなあ…

最後に三振とった球は、78マイルのど真ん中のスローカーブ…
バッターは、ピクリとも反応できませんでした。
99マイルを2球ファールしたあとです…あんなの絶対反応出来ないっす…

あんなバケモノみたいなピッチャー、日本じゃ見れません。
いいもの見せてもらいました。本当に。

マダックスとプライヤーを見に、シカゴまで足を伸ばそうと考えていたんですが、
カブスのゲームは全てSold Out!
カブスってメチャクチャ人気あるんです…W.Soxは全然なのに…
[PR]
# by mkt700 | 2004-06-02 13:06 | 日記
Viva Las Vegas!
ラスベガスに両親連れて行ってきました。
a0015090_17853.jpg

親がテレビで見た噴水ショーが見たいと言っていたので、
奮発して5つ星ホテル、ベラッジオのレイクサイドをExpedia.comで予約。

5つ星ならさぞかしキレイな部屋に素晴らしいサービスと思っていたのですが…
確かに窓からの眺めはよかったんですが、イスの下から汚いコップが出てくる、
トイレットペーパーは殆ど無くなってる、ハンドタオルがない、などなど、
掃除がちゃんと出来てなかったんですね。

極めつけは、ミニバーのおつまみコーナーに、他人のカードケースが…
一瞬、「親のかな?」と思って中をみてみたら、クレジットカードが3枚と、
運転免許証などなどが入ってて、「Bobさん(仮)」のものだと分かりました。

クレジットカードのうち、1枚はBobさんのモノ、もう1枚は明らかに奥さんのモノ
だったのですが、もう1枚は、女性の1st Nameに違うLast Name…
んーーーー。。。なんでしょうねぇ?これは。。。

ま、それはそれとして、当然フロントに大クレームつけたんですが、
「掃除担当の者をすぐによこします」といったきり、待つこと1時間…
ブチキレて再度電話し、即フロントにこっちから出向き、マネジャーに直接
クレームしたら、もっと上の階のいい部屋にしてくれる、といいました。

で、その階に僕一人で行ってみたら、確かに下の階より広く、凄くいい眺め!
でも、次の瞬間。。。 「パタパタパタ」  え?窓が鳴っている?
そこには4cmくらいの黒い蛾が…

母親が最も恐れている生き物。それが蛾なんですね。
で、すぐにまたクレームつけたら掃除の人が飛んできました。

掃除の人:「何匹居るんですか?」
僕:「え?一匹です」
掃除の人:「ちょっとチェックさせてください」

彼は僕が見つけた蛾を慣れた手つきで殺した後、重たいカーテンをはたいた。
次の瞬間、2匹の蛾が飛び出す…
この調子で10分。彼は6匹を殺し、1匹の死骸を片付けた。
「うん。これでもう居ないよ。」

4月から6月は、LVでは毎年蛾が大量発生し、ライトアップされるホテルの
上の階は、いつも蛾が問題になるらしい。
前の客が窓を開けて噴水ショーを眺めると、そうなっちゃうらしく…

彼が帰って数分後、蛾がまた飛び出してきた。
もう一回、大クレーム。さらに上の別の部屋がアレンジされました。
スイートエリアの34階。とても眺めのいい部屋でした。
写真は部屋からのものです。

ベラッジオの噴水ショーは、10種類以上パターンがあるんですね。
ショーの音楽は、部屋のテレビの専用チャンネルで部屋の中でも聞けます。
1泊$299とかなり高かったけど、3人で泊まったからまぁいいか
って感じです。Extra BedはNo Chargeでした。

ちなみにカジノではすっかりやられました。
あの辺のでかいホテルのカジノは、レートが悪いらしいです。
[PR]
# by mkt700 | 2004-05-27 17:10 | 日記
渋谷の交差点

僕のお気に入りの風景は、ココです。
a0015090_182613.jpg

実家が、ココから歩いて20分くらい。
チャリですっ飛ばせば5分弱。
小学生の頃から、この辺で遊んでました。

ていうと、なんだか不良だったようなイメージがこの街にはありますが、
僕は至ってマジメなガキでした。
ただ近所だったから、チャリを飛ばして、友達とゲーセンに行ってただけです。

50円のゲーセンが、センター街をちょっとはいったところにあって、、、
名前は、今は「渋谷会館」かな?当時は別の呼び名だったような…
僕が中学生くらいの時に名前が変わったように記憶しています。

行きは下り坂なのでメチャすっ飛ばして行けるんですが、
帰りは上り坂なので大変でした。
下りはタクシーよりも速かったです。信号無視。今考えればかなり危ない…

街がどんどん変わっていって「低年齢化」してるって言われてますが、
それは20年前から同じことを言われ続けてるように思います。
昔も今も、マセた小中学生の遊び場として、渋谷は変わり続けていく…

買い物も、映画も、遊びも、食事も、何でもこの街で済んじゃうので、
思い起こせばいろんな思い出が詰まった街です。
でも、どんどん変わっていくから「思い出の風景」ってのは全然残ってない。
ていうか、覚えてないんです。どの時が、どんな風景だったか。

ある場所がいつの間にか工事現場になっていると、
そこに前、何があったか、全然思い出せない。
で、新しくビルが出来てテナントが入ると、何事もなかったかのように、
そこに昔からあったかのように、その風景に溶け込んでしまう。

この交差点にも何千回も足を運んだけど、撮った写真はこの1枚だけ。
渋谷で写真とか、なんか恥ずかしくて撮れない…
この時は外人を案内してて、そいつが写真撮りまくってたから便乗して1枚。
僕の故郷の写真です。
[PR]
# by mkt700 | 2004-05-25 18:27 | 日記
エアロスミス Live III
もう一枚、いい写真があります。
スティーブン、口がでかすぎ(笑)

a0015090_45733.jpg

ジィさんって書いたけど、こんなカッコイイ ジィさん居ないっすよ。

ところでLiveの最中に、悪い人と良い人に会いました。

僕が廊下(?)をみんなと同じようにバンバン叩きながらリズムを取っていたら、
後ろの白人のオッサンが背中を叩いてくるんですね。

僕:「なんスか?」
オッサン:「そんなとこいんじゃねーよ。そこ俺の席だ。自分の席にもどれ」
僕:「は?俺、一番奥の席なんだけど。」
オッサン:「お前が居るのは立見席なんだ。そこは俺の場所だ。」

確かに彼は、ヘンな黄色いゴムの腕輪をしている…
「Aerosmith Club」って書いてある…
でも彼と一緒に来ている別のオヤジは
「まぁまぁやめとけよ」みたいな感じで、顔をしかめて彼をたしなめている。

Aerosmith Clubの会員(年会費$100)には、Ticketの優先購入権ほか、
いろんな特典があるのを知っていた僕は、立見席があるのかと思い、
僕:「Is that right? I didn't know that...」
オッサン:「No problem」
彼を信用して、場所を譲った。

2列目になったけど、彼は身長175cmくらい。
僕は186cmなんで気にならなかったし、そのままLiveを楽しんでいた。
1曲終わってオッサンが一言「And I don't have to be right.」

つまりウソだったわけ。アメ人のあまりに自己中に怒りを通り越して呆れた。
そのオッサン、どう見ても40過ぎだべ?そういう事する年じゃないっしょ。

しかし、それを見ていた後ろの40代くらいなのに、ホットパンツにタンクトップの
ロックなオバチャンお姉さんがキレた。
ロックなお姉さん:「$@4%^*?%$"#@ F%')#"@@!!!」
オッサン:「(何か言い訳してる)」
ロックなお姉さん:「F$%&&*@*!! #$`:@*+;'&&# !!!」

でそのロックなお姉さん、Staffの赤いポロシャツの人に話している。。。
Staffの人がやってきて、オッサンが自分の席に戻されていった。
。。。かなり奥だった…

おかげで元の場所に戻り、それまで通にLiveを楽しめましたとさ。
めでたし、めでたし。
[PR]
# by mkt700 | 2004-05-24 04:58 | 音楽
エアロスミス Live
ラスベガスに遊びに行っていたため、アップ出来ませんでした…

で、先日のAerosmith Liveの模様を…

a0015090_17253.jpg

この写真、トリミングしてません。
3倍ズームしただけです。(思い切り手ブレしてますが…)
手を伸ばせば触れるところで歌ってたんです。マジで。

Ticketmaster.comで、一般発売開始5秒で押さえたチケット。
前から6列目とは知っていたので、かなり近くで見れると期待してたんですが、
なんとTの字に伸びた廊下(?)の一番内側の席!

前座にCheap Trickというバンドが出てきて、あんま知らなかったんですが、
あんま楽しい前座じゃなかったっす…1曲だけ知ってたけど…
ギターのオッサンが「豆まき」のようにピックをばら撒いてました(笑)
(1曲平均で10枚以上はピックを投げてました)

Aerosmithが出てきたのは夜9時ごろ。
今回はブルーズをテーマにしたNew AlbumのTourなんで、結構渋めかな?
って思ってたんですが、New Albumの曲と、今までのヒット曲をうまく混ぜて
演る展開でした。

僕はBluesも好きなんで(別にコアなファンじゃないけど)全曲のってましたが、
やっぱNew Albumの曲の時は、オーディエンスのノリはイマイチでした。
Bluesが彼らのルーツだっても、30年(?)前ですし、馴染みのあるエアロの
音楽とはちょっと違う路線なんで、無理もないでしょう。

彼らも当然そこは理解しているようで、ヒット曲から入って、
途中でBluesを挟んで、また定番曲で盛り上げて、またBluesモードにして、
最後はヒット曲でシメるという曲順。
でもヒット曲をやってる時より、New Albumの曲をやってるときのほうが、
バンドメンバーがみんな楽しそうでした。

スティーブンやジョーも間近で観ましたが、すげえジィさんでした…
特にジョーは殆どミイラみたいでした…写真だとあんな若っぽいのに。
ステージ中央に行ったり来たりするスティーブンと3回ハイタッチしましたが、
彼の手もジィさんの手みたいでした。

しかしLive自体はエネルギッシュでクオリティが高かったです。
スティーブンの歌はAlbumよりLiveの方が良いです。
Blues Harp(ハーモニカ)も上手かったし。

ちなみにカメラは持込み禁止だったのですが、結構みんな持ってました(笑)
最初の曲と、最後の曲だけ、みんな出して撮ってたんで、僕も同じようにしました。
ホントはもっとたくさん撮りたかったけど、8枚撮れてればまぁいいか。

Live後は文字通りの放心状態でした。真っ白に燃え尽きてました(笑)
巨大スピーカーの目の前だったんで、Live後48時間以上耳鳴りが止まらず、
治るか心配しましたが、なんとかフツーに戻り、今は一安心です。
[PR]
# by mkt700 | 2004-05-23 17:04 | 音楽
エアロスミス!!!
エアロスミスのLiveに行ってきました!!

今日はあんまり時間がないので写真だけ。

a0015090_13744.jpg


すっごい近い席でした!!

詳細は後日…
[PR]
# by mkt700 | 2004-05-18 13:08 | 音楽