War on terror -アメリカのメディア統制-
前回の続きです。
ミラノ-ロンドンと周ってきて、かなり疲れました…
今日は、前回何を書きたかったのか思い出しながら…

僕が留学中に、アメリカがイラクを攻撃し始めました。
その頃にニュースを見ていて、かなり違和感を覚えました。
全ての番組で、米軍を「Hero」と呼び、国連無視に対する批判はありませんでした。

直感的に、これはなにかあると思いました。
戦争批判的な発言がはばかられる、そんな雰囲気がありました。
戦時下の国家とはこんなものかと思いました。怖いものを感じました。

やはり、メディア統制が行われていたようです。
戦時下のメディア統制に関しては、賛否両論だと思います。

ここではあえて詳しく議論しませんが、戦争と無縁の一般市民にはあまりにも刺激の強すぎるリアルな映像がテレビを通じて流れてしまうといけません。
しかし一方で、戦争相手国に対する敵意をあおったり、伝えるべき事実を必要以上に隠蔽したり、捻じ曲げたりする「大本営発表」的な報道はいただけません。
私はバランスが大事だと思っています。

さて、米国一般市民にとって(そして我々日本人にとっても)情報源は新聞とTVです。しかし、新聞やTVは政府やその他の圧力を受けながら、ニュースを作ります。
その圧力を受け入れるメディアと、抵抗するメディアとに分かれます。

どのメディアが言っている事が、より真実に正しいかを良く考えながら、
様々なメディアに目を通していくことが重要です。
当時のアメリカでは全ての報道が統制下に置かれていたため、国際ビジネスの教授などは、学生にはBBCのWebを見るように勧めていました。

しかし、こうした考えを持っているアメリカ人は少数でしょう。
多くの人は、メディアのニュースは「事実だ」と信じています。
選択された事実が、中立な報道だとはいえないんですが。。。

今回のイラク戦争を「肯定」したアメリカ人は、恐らくFOXなど一部の偏ったメディアの報道をそのまま真に受けてしまったのでしょう。
彼らを責めることは出来るでしょうか?私は違うと思います。
一人一人は、家族を愛する普通の市民です。

メディアの責任か、政府の責任か、私は政治学やメディア論を良く知らないので、その判断は出来ませんが、一つだけ思うことがあります。
それはメディアの力の恐ろしさです。

一般的に、米国人は国際感覚が非常に鈍い人々です。
パスポートを持っている米国人は、8人に1人くらいです。
ヨーロッパやアジアの白地図を見せて、国名を入れさせると殆ど間違えます。

私と一緒にMBAの国際ビジネスの講義をとっていた米国人学生は、他のクラスメイトに比べてInternationalに関心が高い連中でしたが、それでも白地図のテストでは大苦戦していました。日本人、ヨーロッパ人には楽勝だったんですが…

余談ですが、自分の学校の中国人たちも、他国には全く興味がない様子でした。
国際関係のクラスをとる中国人は常にゼロ。
いつも中国人だけで固まって、他国籍の人と交流を図る人は10%くらいでした。

あるとき、アメリカ人の友達に「海外旅行をしたことある?」って聞いたら、
「正確には海外じゃないけど、テキサスに行ったことがあるよ」って…
ま、中西部から見れば確かにテキサスは異文化情緒がありますがね…

アメリカ人の感覚では、アメリカが世界です。
だからMLBのチャンピオンは、「ワールドチャンピオン」なんでしょうか。

最後に面白い統計を、NYC出身のクラスメイトが教えてくれました。
教育水準とブッシュの支持率が、負の相関関係にあることが分かったそうです。
なんか、相当明確な相関なんだそうで。

アメリカが軌道修正をすることを祈りつつ…
しかし今日も、イラクでは一般市民が殺されています。
[PR]
by mkt700 | 2004-11-12 02:33 | 日記