日本のネオコンの台頭
9月に投稿して以来、残念ながら日本は僕の予想通りの道を進んでいます。

中国脅威論。
もはやネオコンに支配されている日本政府は、与野党の隔たりなく、中国を軍事的脅威とみなし、それを内外に公言してはばかりません。その「脅威」が現実のものである必要はないのです。嘘でもいいんです。それがネオコンです。

ロシアだって、インドだって危ないっすよ。核兵器持ってんだから。
そんなかで、何で中国だけ危ないって言う必要があるんでしょう。意味不明です。
関係悪化だって、自らが撒いた種です。ていうか、わざわざ挑発してる。

強力な軍事力の存在を「脅威」というならば、僕は米軍が一番危ないと思うけどなあ。
同盟国という呼び方をしているけど、客観的にみれば日本は敗戦以来60年にわたって、アメリカに支配されている属国のような状態にあるのです。

それで国家の安全が保たれ、国内の平和が維持されているのならば、個人的にはそんなに大きな問題ではないと思うのだけども、親玉の米国政府がいまみたいに「仮想敵」をでっちあげて、それに向かって戦いを挑む、そういう風潮になってくると巻き込まれちゃいます。

なんとなくですが、日米印vs中露という対立が怪しくなってきました。
世界大戦になってしまうのか、局地戦になるかは不明ですが、戦争のにおいがします。
そして、日本軍参戦の兆しも。イヤですねえ...

僕は戦争は反対です。それで日本経済が潤うとしても、です。
しかし残念ながら歴史的には、繁栄した国家はほぼ例外なく戦争に勝った国です。
だが同時に歴史は、戦争に勝者が居ないということも示しています。
市民レベルで見れば、癒すことの出来ない深い傷を、誰もが負うことになります。

ただ希望はあります。米国内の変化です。
アメリカでは、ブッシュ政権に対する批判が相当強まってきました。
ネオコンが力を失いつつあるようです。
次期アメリカ政権が中国との共存共栄の道を選択すれば、日本政府のネオコンも孤立します。

いずれにしろ、中国経済の発展のスピードは誰にも止められません。
また、教育制度、学力の違いは、長期的には製造業の圧倒的な技術力の差として顕れます。

大半の日本メーカーは、中国メーカーにやられてしまい、日本経済は悲惨なことになります。
一方国内を見ると、昭和50年代から進化していない、効率の悪い農業。
たぶん、食うのにも困るような時代がやってきます。

これはもう、資本主義の競争に敗れるわけですから、しょうがないことです。
今まで日本は勝ってきて、次は負ける番です。
それがイヤだからと、軍事力にものをいわせて、、、ていうのは絶対やっちゃダメでしょ。

さて、どうやって自分の身を守ろうか...
[PR]
by mkt700 | 2006-02-23 05:45 | 日記