ヘアカット大失敗
帰国して早速、髪を切りに行きました。
僕は中学生の時から、同じ美容院を利用しています。
いわゆる近所の美容院です。

しかし実はこの近辺、「カリスマ美容師」(死語?)がわんさかいる場所なんです。
でも、ああいうのってすごく高いし、僕は4800円でカットできる、
昔馴染みのお店でずっとやってもらってました。

担当の人も、5回くらい変わってました。
で、今回電話したら、今までやってもらってた人が、先月辞めてしまったと…
ちょっと不安だったんですが、伸び放題の髪の毛を切りたくて行きました。

そしたら、「社長」と呼ばれているオーナー店長さんが出てきました。
いわゆる地元の床屋のオッサンです。

「オイオイ、腕は大丈夫かい?」と心の中でだけつぶやきつつ、
それでも「もうちょっと、若くて腕が良い人にしてください」
とは言えず、任せてみる事にしました。

今回はちょっとイメージを変えたかったので、雑誌をいくつか見せてもらって、
サラリーマンの領域を超えない無難な髪型を選びました。
坂口憲二をもうちょっとおとなしくしたような髪型です。

切り始めてすぐ、彼が悩んでいるのがなんとなーく伝わってきました…
一生懸命切ってくれましたが、どうにも全然雑誌と違います。
これじゃただのサラリーマンカットです。新橋で1500円で出来ます。

でも最後にWAX塗って、なんとか雑誌に近づけようとしている彼…
しかし切り方が多分根本的に違うんだから、何したってムダです。
結局、わけの分からん髪型にされ、街に放り出されました。

こういうときってイヤですね。
周りの人から見れば初対面だし、「ただのリーマンが歩いてるだけ」なんですが、
どうしても視線が気になります。

ま、しょうがないから、しばらくのばすか…
シカゴカブスの帽子、買ってきといて良かった。
それまでに、次の美容院、探さなきゃ。
[PR]
by mkt700 | 2004-06-20 00:36 | 日記