TOEIC もしや撃沈?
今日、TOEICを受けてきました。
試験会場が法政大のキャンパスだったので、
女子大生がいっぱいいるかと思ったら、夏休みであんましいなくてがっくし。

以前留学前には、留学生必須のTOEFLをやっていて、
受験資格が与えられる250点(Paperの600点)はクリアしてました。

その後、2年留学して読み書き聞き喋りとかなり鍛えられたので、
TOEFLより簡単だと言われているTOEICは楽勝でしょう、と高を括って
全く試験対策をせずに臨んだんですが…
結果、見事に撃沈くさいです。。。

一般にTOEFL250点=TOEIC860点といわれているので、
860以上取れればまぁ良い感じかなぁと思っていたんですが、
今日の感触では800点すら危うい感じ。
ま、でも4択だから200/4=50を足して850前後って感じになるのかなあ…
これって運で、実力じゃないんですが。

特に、リスニングでは「聞きなれない慣用表現」に泣かされました。
つまり、英語の教科書に載ってる系の慣用表現です。

ETSってアメリカの会社のはずなのに、なんであんな日常には
殆ど使わない慣用表現をテストに入れるんでしょう?
もしや世代が上の人か、地域が違うと使うのかなあ…

質問と答えは一字一句クリアに聞こえてても、
「あれ?ドンピシャの答えがないぞ?」
が、いくつかありました。消去法で合ってるハズですけど…

さらに、出題形式にもなれてなかったせいで、
リスニングの問題先読みテクに途中から気付くまでは結構アップアップだったし。

リーディングセクションでも、知らない語彙も結構出てたなあ。
特に熟語は困りました。あれは定型にはめるというより、覚えるだけですから、
普段の会話に出てこない熟語には全く太刀打ちできませんでした。

今回の結果が来るのは来月末くらい。
負けず嫌いの性格なんで、次は900点目指してちょっと勉強しようかなあ…
でも、実務的にはあんまり意味ないんですよねぇ。

TOEICって、「聞く」と「読む」という受動的なCommunicationしか見ないんですよね。
「書く」と「話す」という、能動的な能力をみない。
2大TOEIC王国の日本人と韓国人が、英語によるCommunicationがヘタなのは、
こういうところにも依拠してるのかもしれません。

ところで一説によると、TOEICを受ける全人数のうち日本人と韓国人が
90%をしめているらしく…点数の分布を見て、世界水準の平均だと思っていたのは、
日韓の平均だったんですね… 以上今日のトリビアでした。
[PR]
by mkt700 | 2004-07-25 16:25 | 日記