カテゴリ:MBA( 4 )
MBAうざい説について
MBAうざい説。
これも身の回りでも良く聞きます。
私も何人か、鼻持ちならないMBAに出会ったことがあります。

自分が仕事が出来るってこと(キャリア)をやたら自慢(アピール?)する人。
知識をひけらかしたり、人のことを小馬鹿にしたようなことを言ったりする人。
やたらMBAを強調し、「キミたちとはクラスが違う」という態度をとる人。
あと、横文字が異常に多い人!

うっざいですよね~(苦笑)

でも一つ、言わせてください。
こういう人は、多分MBAとる前から、うざい奴なんですよ。

僕の大学は中堅校で、大したとこじゃなかったからかもしれませんが、
そういう優越感のカタマリみたいな奴は、あまりいませんでした。
(あ、みんな外人だから横文字は除きます)

でも、確かに居ましたよ。鼻持ちならないうざい奴ら。
そういう人たちってでも、結構勉強や、プロジェクトは出来るんですよね。
クラスでも発言が多くて、成績優秀者リストにも入ったり。
でも卒業時に就職決まってなかったですけどね~(笑)

たぶん、あーいうのがまたいろんなとこで目立つんでしょう。
しかもあいつら、聞かれなくても自分でMBAっていうし。
マジでやめて欲しいです(苦笑)

あと、MBAは理屈っぽいという人も。これは、本当かもしれません。
学校ではきちんとしたロジックを重んじますから、
突っ込まれにくい言い方をするようになります。
きっと、もっと喋りがうまくなると、一言二言でズバリ言えるようになるんでしょうが、その境地にはなかなか。。。

自覚してますが、僕も留学終えて理屈っぽくなりました。
誰かに言われたわけじゃないけど、そう思います。
しっかりしてる、と感じる人もいるでしょうが、うざいって感じる人も多いでしょう。
だから僕も、うざくなったのかも知れないなあ(悩

私のMBA同期が、社内会議で「MBAだからって生意気だ」といわれたそうです。こういうのを聞くと、傷ついちゃうし、悩んじゃいます。

僕は、MBA=うざい、というステレオタイプが怖いので、
なるべく人には留学してたことを隠しています。
同時に、MBA=仕事出来るってステレオタイプも怖いです。
「あいつはMBAだから」が先にあると、とかくロクなことにならないんです…
とにかく、自分は自分として評価して欲しい。

最後に、横文字について。
学校で理論を英語で習っちゃうんで、適当な日本語が見つからないことがあるんです。日本語にするのが難しい英単語も多いんですよ。

例えば、私の選考のMarketing。
すっかり日本語になっちゃってますが、さて、なんと訳しますか…
販売促進?んー。もうちょい広い範囲を含みますよね。

あと、Management。
管理?経営?んー…なーんかフィットしないですね。
あ、またフィットなんて言い方を。。。
うざいですね~
ごめんなさい…気をつけてるんですが…
[PR]
by mkt700 | 2004-10-10 01:17 | MBA
MBA不要論
MBAなんて要らない、MBAは仕事が出来ない、って話をたまに聞きます。
ある人は、身の回りの「MBA」で空論ばかりぶってダメな奴がいる、とか
またある人は、友達の会社でMBAがいて、全然使えないって聞いた、とかです。

僕は多分、それは本当だろうと思います。
ただひと言、指摘したいことがあります。
それは、「MBA」と「仕事ができる」は、そもそもあまり関係ないということです。

身の回りで、たまに「評論家」っていますよね?
ゴルフダイジェストを毎号読んでて、スライスはこうすりゃ直るとか、
クラブ選びはどうのこうのとかさんざんウンチク言って、コースに出りゃ10xの人。
で、「忙しくてあんまり練習してないから、今日は調子がでないや」って人。

卒業したてのMBAなんて、そんなん。(もちろん出来る人はデキますが)
要は、ビジネスの参考書をメチャクチャ読んで、ケースでシミュレーションして、
自分の給料にひびかないコンサルの真似事をしただけですから。

ゴルフで言えば、せいぜい打ちっぱなし+アルファ程度です。
我流でたたきあげた歴戦のサラリーマンからすれば、「口だけ達者なダメ男」
実績が伴わないと、そう言われても、その通りっす。

何でもそうですが、知識と経験って両輪だと思うんです。
本だけじゃ、ゴルフは上手くならない。仕事も出来ない。
ただし、我流でもある程度までいけるが、どっかで知識が欲しくなる。

MBAは、経営に必要な広範な知識を得るプロセスです。
よって経験がないと、MBA取っても全く仕事は出来ないっす。
だから「仕事が出来ないMBA」は、居て当然なんです。

たまに誤解してる人は、「MBAで2年も勉強したのに、コイツ全然使えねー。」
こういうケースは、特に大企業に多いと思われます。
権限が小さくて専業化された仕事では、MBAの広く薄い知識は役に立ちまへん。

「じゃあ、何でいったの?」って話になりますよね?
僕も実は分かりません(^^;)
MBAですごい仕事が出来る奴がいて、そいつみたいになりたくて取ってみたら、
こういう「現実」が見えてきたって感じです。 オレも幻想をみてました。

自分は、勉強した広く薄いベースの知識に加えて、これから将来いかに
「業務経験」+「自分の専門分野の深い知識」を努力と勉強で伸ばせるか、
によって、自分が彼みたいになれるかどうかが決まると思っています。

僕の感覚では、MBAっていろんな会社と部署をひたすらたらい回しにされ、
基礎の仕事を覚えたら、次、また次、って1年やって、2年目は自分のやりたい
部署で同じことやってたって感じです。だから、広く薄い知識が得られる。

これって得難い経験だと思います。視野が全然変わりました。
広くなったかどうか、分かりませんが、多面的に物事が見れるようになった。

ある人には、MBAは確かに不要でしょう。
自分から興味を持って、色々な事を独学で吸収できる人。
それから、即戦力が欲しい企業には、新卒MBAを雇うと期待はずれかもです。
だから「MBA不要論」反対はしません。

しかし視野が狭かった僕には、MBAの2年は十分価値のあるもんでした。
それがフツーに出来てる人には、価値の無いもんかもしれませんが。
そんな風に思います。

次回は、「MBAうざい説」について。
[PR]
by mkt700 | 2004-09-27 00:05 | MBA
I am Canadian !!
グローバルマーケティングの先生が、面白いCMを紹介してくれました。
I am Canadian ! という奴なんですが、ま とにかくご覧あれ。
(見るのには、Quick Timeが必要です)
カナダ在住の人は、特に笑えたんじゃないでしょうか?

私も5歳までバンクーバーに居たのと、カナダ人の親友が何人かいるんで、
カナダには相当な愛着があり、よって私はこのCMが大好きです。

基本的には、Nationalismを鼓舞するモノですが、
ちょっと自虐的に面白おかしくなっている所がCanadianらしさでしょうか。
国のアイデンティティーを語っても、全然右翼的じゃないところがカナダ流?

Listening Skillの弱い私には、細かいところが分からなかったので、
Google検索したら、やっぱありました!(以下)

Hey.
I'm not a lumberjack,
or a fur trader...
and I don't live in an igloo
or eat blubber, or own a dogsled...
and I don't know Jimmy, Sally or Suzy from Canada,
although I'm certain they're really, really nice.

I have a Prime Minister,
not a President.
I speak English and French,
NOT American.
and I pronouce it ABOUT,
NOT A BOOT.

I can proudly sew my country's flag on my backpack.
I believe in peace keeping, NOT policing.
DIVERSITY, NOT assimilation,
AND THAT THE BEAVER IS A TRULY PROUD AND NOBLE ANIMAL.
A TOQUE IS A HAT,
A CHESTERFIELD IS A COUCH,
AND IT IS PRONOUCED 'ZED' NOT 'ZEE', 'ZED'!

CANADA IS THE SECOND LARGEST LANDMASS!
THE FIRST NATION OF HOCKEY!
AND THE BEST PART OF NORTH AMERICA!

MY NAME IS JOE!
AND I AM CANADIAN!

"Thank you" って最後にまた控えめになっちゃうオチがお気に入りです。
[PR]
by mkt700 | 2004-06-05 18:43 | MBA
テレビ通販にご用心
たまにはマジメに、学校で習ったマーケティングの話をします。

テレビ通販って、よくテレビでやってますよね。
僕は特に深夜にやってるものを見ちゃいます。
車が恐ろしくキレイに洗える洗剤とか、超効果的な筋トレマシーンとか。

こういうのをアメリカではマーケ用語で「インフォマーシャル」って言います。
このインフォマーシャルには、気をつけてください。

例えば、こういうエアベッド。
a0015090_43359.jpg

その辺で買えば、$17くらいのものです。
でもインフォマーシャルでは、これを$29.99+送料くらいで売っています。
日本のテレビ通販では、エアベッドは1万円するとか?!

しかし販売員の人が、実演も含めて「わぁ!これは便利!!」
とやられると、ついつい欲しくなっちゃうんですよね。

基本的に、テレビ通販で言っている機能自体にウソはないはずです。
それやったら、一発で捕まりますから。
よって機能に対し価格だけの価値があると思えば、買って損はありません。
もしそれがテレビ通販でしか手に入らないものなら、なおさらです。

しかし大抵の場合、テレビ通販の価格は「お買い得!」と強調しているけど
高いんです。テレビ通販のマージンは40-50%!くらいが相場らしいです。

これはテレビ枠を安い時間帯とはいえ30分~1時間押さえて、
商品のコマーシャルを徹底的にやるわけですから、そのくらい
マージンを取らないと、割が合わないためでしょう。

つまり、極めてハイコストなマーケティングプロモーション方法なんです。
そのコストを究極的に負担してるのは、買う人です。

無論PCの型落ちなど、メーカーが在庫をタダ同然で処分したいけど、
普通の市場にその値段では流せない時に、テレビ通販に頼む
というケースもあって、その場合はある程度お買い得「かも」しれません。

なぜお店より高くても消費者は買っちゃうのか??
価格を比較できないからなんです!

例えばエアベッド。
日本のテレビ通販では電動ポンプだの、なんだのかんだのをセットにして、
「なんと9800円!」とやります。
でも小売店で一つ一つ足し合わせていけば、9800円より安いはずです。
マージン構造から考えると、平均で7000円くらいのはず。
更に、小売店で売っているより 「少し良いもの」 を出しています。
よって直接比較は出来ません。

それよりなにより大きいのは、お客さんが 「家にいる」 という点です。
家に居るから、実際お店でいくらなのかが分からないんです。
つまり価格の比較が、物理的に出来ない。

お店に居れば、他の商品と価格を比較し、価値があるほうを買えます。
でもテレビ通販ではそれが出来ない=お客さんの注目を独占できる。
よって競合商品を、お客さんの頭から消し去ることが出来るんです。

あとは、お客さんにその商品の価値を強調し、
価格を 「安い」 と 「思わせれば」 それでオッケーです。

更にお店に行って比較させる余地をなくさせるため、
「今から明日の朝5時まの受け付けです!」
とプレッシャーをかけます。
同じ商品をまた次の週に、同じ価格で売るのに、です。

時間がある人は、テレビ通販を見たあと、楽天やGoogleでほぼ同じものを
ネット通販で探してみると良いかもしれません。

ちなみにネット通販でも、エアベッドは「電動ポンプつき」で7000円で
売ってるところもありました。
この写真を引用したサイトでは、ネット特価の3000円以下で売ってました。
同じサイトで「電動ポンプ=1980円」
当然、同じ品質の商品じゃないんでしょうけど…同じに見えました…

私は決してテレビ通販を、否定するわけじゃありません。
非常に効果的なマーケティングプロモーションツールです。
テレビ通販ならでは、お店には真似出来ない価値もあります。利便性です。

テレビ通販で買えば、わざわざ店に行ってエアベッドを探す手間が省けます。
この利便性は大きな価値です。忙しい人ならなおさらです。

ただ、「店で探して買うより高い」と言うことは、一考の価値ありです。
僕はビンボーで給料も安く、時間だけはあるので、お店に行って探します。
[PR]
by mkt700 | 2004-06-03 04:35 | MBA