カテゴリ:音楽( 4 )
エアロスミス Live III
もう一枚、いい写真があります。
スティーブン、口がでかすぎ(笑)

a0015090_45733.jpg

ジィさんって書いたけど、こんなカッコイイ ジィさん居ないっすよ。

ところでLiveの最中に、悪い人と良い人に会いました。

僕が廊下(?)をみんなと同じようにバンバン叩きながらリズムを取っていたら、
後ろの白人のオッサンが背中を叩いてくるんですね。

僕:「なんスか?」
オッサン:「そんなとこいんじゃねーよ。そこ俺の席だ。自分の席にもどれ」
僕:「は?俺、一番奥の席なんだけど。」
オッサン:「お前が居るのは立見席なんだ。そこは俺の場所だ。」

確かに彼は、ヘンな黄色いゴムの腕輪をしている…
「Aerosmith Club」って書いてある…
でも彼と一緒に来ている別のオヤジは
「まぁまぁやめとけよ」みたいな感じで、顔をしかめて彼をたしなめている。

Aerosmith Clubの会員(年会費$100)には、Ticketの優先購入権ほか、
いろんな特典があるのを知っていた僕は、立見席があるのかと思い、
僕:「Is that right? I didn't know that...」
オッサン:「No problem」
彼を信用して、場所を譲った。

2列目になったけど、彼は身長175cmくらい。
僕は186cmなんで気にならなかったし、そのままLiveを楽しんでいた。
1曲終わってオッサンが一言「And I don't have to be right.」

つまりウソだったわけ。アメ人のあまりに自己中に怒りを通り越して呆れた。
そのオッサン、どう見ても40過ぎだべ?そういう事する年じゃないっしょ。

しかし、それを見ていた後ろの40代くらいなのに、ホットパンツにタンクトップの
ロックなオバチャンお姉さんがキレた。
ロックなお姉さん:「$@4%^*?%$"#@ F%')#"@@!!!」
オッサン:「(何か言い訳してる)」
ロックなお姉さん:「F$%&&*@*!! #$`:@*+;'&&# !!!」

でそのロックなお姉さん、Staffの赤いポロシャツの人に話している。。。
Staffの人がやってきて、オッサンが自分の席に戻されていった。
。。。かなり奥だった…

おかげで元の場所に戻り、それまで通にLiveを楽しめましたとさ。
めでたし、めでたし。
[PR]
by mkt700 | 2004-05-24 04:58 | 音楽
エアロスミス Live
ラスベガスに遊びに行っていたため、アップ出来ませんでした…

で、先日のAerosmith Liveの模様を…

a0015090_17253.jpg

この写真、トリミングしてません。
3倍ズームしただけです。(思い切り手ブレしてますが…)
手を伸ばせば触れるところで歌ってたんです。マジで。

Ticketmaster.comで、一般発売開始5秒で押さえたチケット。
前から6列目とは知っていたので、かなり近くで見れると期待してたんですが、
なんとTの字に伸びた廊下(?)の一番内側の席!

前座にCheap Trickというバンドが出てきて、あんま知らなかったんですが、
あんま楽しい前座じゃなかったっす…1曲だけ知ってたけど…
ギターのオッサンが「豆まき」のようにピックをばら撒いてました(笑)
(1曲平均で10枚以上はピックを投げてました)

Aerosmithが出てきたのは夜9時ごろ。
今回はブルーズをテーマにしたNew AlbumのTourなんで、結構渋めかな?
って思ってたんですが、New Albumの曲と、今までのヒット曲をうまく混ぜて
演る展開でした。

僕はBluesも好きなんで(別にコアなファンじゃないけど)全曲のってましたが、
やっぱNew Albumの曲の時は、オーディエンスのノリはイマイチでした。
Bluesが彼らのルーツだっても、30年(?)前ですし、馴染みのあるエアロの
音楽とはちょっと違う路線なんで、無理もないでしょう。

彼らも当然そこは理解しているようで、ヒット曲から入って、
途中でBluesを挟んで、また定番曲で盛り上げて、またBluesモードにして、
最後はヒット曲でシメるという曲順。
でもヒット曲をやってる時より、New Albumの曲をやってるときのほうが、
バンドメンバーがみんな楽しそうでした。

スティーブンやジョーも間近で観ましたが、すげえジィさんでした…
特にジョーは殆どミイラみたいでした…写真だとあんな若っぽいのに。
ステージ中央に行ったり来たりするスティーブンと3回ハイタッチしましたが、
彼の手もジィさんの手みたいでした。

しかしLive自体はエネルギッシュでクオリティが高かったです。
スティーブンの歌はAlbumよりLiveの方が良いです。
Blues Harp(ハーモニカ)も上手かったし。

ちなみにカメラは持込み禁止だったのですが、結構みんな持ってました(笑)
最初の曲と、最後の曲だけ、みんな出して撮ってたんで、僕も同じようにしました。
ホントはもっとたくさん撮りたかったけど、8枚撮れてればまぁいいか。

Live後は文字通りの放心状態でした。真っ白に燃え尽きてました(笑)
巨大スピーカーの目の前だったんで、Live後48時間以上耳鳴りが止まらず、
治るか心配しましたが、なんとかフツーに戻り、今は一安心です。
[PR]
by mkt700 | 2004-05-23 17:04 | 音楽
エアロスミス!!!
エアロスミスのLiveに行ってきました!!

今日はあんまり時間がないので写真だけ。

a0015090_13744.jpg


すっごい近い席でした!!

詳細は後日…
[PR]
by mkt700 | 2004-05-18 13:08 | 音楽
Strokes Live!
a0015090_221441.jpg
今日は期末間近で時間がないというのに、StrokesのLiveに行ってきました。
中規模都市まで来てくれんだから、行かなくちゃ!ってことで。
カレッジタウンだからだろうな。

会場は地元の映画館。日本じゃあまり考えられない。
古い映画館だから音響があんまよくなかったけど、
かなり近かったからまぁ良いでしょう。

Strokesは日本ではどうなのか良く知らないけど、
アメリカでの人気は、思ったほどでは無い感じ。
一部の音楽ファンに知られてるって感じで、ジャスティンティンバーレイクとか、
ああいういわゆる「売れ筋」の方々とは違って、みんな知ってる感じじゃない。

会場は狭かったのに、チケット発売から売切まで2週間くらいかかってたし、
客席も全席自由で早く行ったもん勝ちだったのに、
席が埋まるまで結構時間がかかったし。

「Alternative」ってカテゴリ、日本じゃあまり言われなくなった?けど、
こっちではTicketmaster.comなんか見ても残ってて、
StrokesなんかはAlternativeの代表格でしょう。

メインストリームには出てこない、テレビやゴシップに出ないって感じ?
って言っても、UKなんかじゃもう相当Big Nameみたいだけど。
この夏のV Festaでもトップを飾るらしいし。

Live内容はというと、超渋い!マジでカッコイイ!
やる気ない感じの喋りも良かったし、当たり前だけどちゃんと上手かったし。
たまに日本で見るバンドモドキのアイドルたちとは、やっぱ全然違う。
(比較しちゃいけないか…)

持ち歌全部足しても70分くらいだから、どうすんだろうなあと思ってたら、
喋りもあわせて80分で終わってしまった(笑)
「お約束」アンコールもナシ。
この辺が渋くてまたイイ。

オーディエンスのノリも良くて、みんなで大合唱。
これはアメリカならでわだなー。

やー楽しかった。楽しかった後には、宿題の山…
がんばろうっと。
[PR]
by mkt700 | 2004-04-23 22:10 | 音楽