カテゴリ:映画( 1 )
用心棒
昨日、ケーブルテレビで黒沢明監督の「Yojinbo」をやっていました。

朝7時からの放送なんで、徹夜してそのまま見て、終わった朝9時に寝ました。
こういうことが出来るのも学生生活だからだなあ…

見る前からすごく眠くて、途中でねちまうんじゃないかと思い、
ビデオ撮りながら見たんですが、寝ちまうなんてとんでもない!!
メチャクチャ面白くてトイレに行く間もなく全部見てしまいました。

そのチャンネルって、映画の間にCMが入らない。
だから、集中してみることが出来て、結構嬉しい。

恥ずかしながら、こっちに来るまで黒沢監督の映画を見たことがなかった…
7人の侍、羅生門などが有名で、世界中の映画監督から尊敬されている
存在だと言うことは知っていたんですが、「邦画」に対するステレオタイプ
+古い映画に興味がなかったため、全然見ようとも思わなかった。
日本では放送もしてないし。

キッカケは、たまたまテレビみてたら、「Samurai Hour」(?)を土曜の朝に
やってるって番宣が流れて、まぁ一回見てみようかと思ったこと。
その週は「Sanjuro」=「椿三十郎」を放映。かなり面白くて、毎週見るように。

次に見たのが確か「7 Samurai」。これに完全にやられて、
続いて「Throne of Blood」=「蜘蛛の巣城」
これはテーマが暗いけど超面白かった。今のところ、一番のお気に入り。

ハッキリって、最近のCheesyなハリウッド映画(→やたらCGを多用してる
アクションもの、良い車とHotな女優が出てくる奴)より、1000倍面白い。

映画のこと、あんまり詳しく知らないけど、絵の切り方、つなぎ方、
個性的なキャラ、話のもっていきかた、全て完璧。セリフも粋だし。
気がつくと、そういう「分析」をすっかり忘れて映画の世界に引き込まれている。

日本人として、クロサワ映画を見ていなかったのは、迂闊だった。
日本に帰ったら、ツタヤに直行して、黒沢監督の作品は全部押さえないと…
[PR]
by mkt700 | 2004-05-10 00:53 | 映画