<   2004年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
体内時計
さすがに昨日は眠すぎた。
授業中、ぼーっとしながらもなんとか眠気に耐え、
しかし教授の言ってることは、頭に入ってこない。。。

昼飯を食べて、胃に血液が集中し始める。
脳みそに周る血が減っていく。。。
そして図書館でレポートの構成を考え始めるも、あっさり落ちた…

あ!やべっ!!!

俺的には1-2分、うとうとしたつもりが、
爆睡していた事に気付く。
次の授業をすっ飛ばしたかもしれない…

恐る恐る時計を見ると、、、
ラッキー!
授業開始1分前。大丈夫。間に合う。

しかし人間って不思議だなあ。
なんで時間ちょうどとかに起きられるんだろう。

そういえば、俺が高校生の頃特技としていたのは、
渋谷発8:00の東横線急行に7:50に乗り込んで座り、
7:55には眠りに入って、元住吉と日吉の間で目が覚める、というサイクルだった。

日吉で降りるのだが、不思議と一度も寝過ごしたことはなかった。
もちろん、毎日寝てるわけじゃなかったけど、50%以上は寝ていた。

寝たときは、自由ヶ丘も、武蔵小杉も覚えてない。
感覚的には渋谷から5分で着いた感じでお得だった。

そんなことを思い出しながら、
つまんないLogistics Strategyの講義をぼぉーっと聞いていた。

なにもない、良い一日だった。
[PR]
by mkt700 | 2004-04-30 20:00 | 日記
徹夜
今日は久々に徹夜になってしまった。
しかも完璧な徹夜である。

さすがに期末試験期間。メチャクチャに忙しい。
毎日つけるはずのブログも全然手がつけられなかったし。
こういう時ってネタもあんまでてこないし。

週末はよく、AM8時くらいまでかかってレポートを仕上げ、
翌日の夕方まで寝ていることがある。
けど今日は、宿題全部終わったのが朝の8時、授業は9時半から。
今から寝たら絶対起きられない。

悪い事に今日は3コマもあって、家に帰ってこれるのは午後4時くらい。
…もつんだろうか。。。絶対もたない。。。

そういえば、この学校では授業で寝る学生って殆どみかけない。
アメリカ人ってそういうところはキチンとしてるなあと感心する。
(というか、修士だからなのかな。。。)

俺なんて、会社の会議ですら爆睡してたのに、ここでは寝られない。
寝ているのは、必ずアジア人。韓国人、台湾人は、よく落ちている。
この間、一人だけ白人が寝ているのを目撃して、ちょっと安心したけど。

寝不足で授業を受けると、ロクなことがない。
眠くなるのはもちろんだが、まず集中力がないので、
先生が言ってる事が全然頭に入ってこない。

よってディスカッションになったら、お地蔵さんのような微笑を浮かべながら
じっと黙って石になっている。
下手に分かったフリしてうなずいたりすると、
流れ弾が飛んでくることがあるからだ。あれに当たると玉砕する。

日本語だったらなんとかなるけど、
英語のリスニングはやっぱ睡眠時間が大事。
TOEFL受ける前も8時間かっちり寝るようにしてたもんなあ。

朝までかかったレポート、プルーフリーディングして文法直す気力もない。
どうせ見ても、頭ボーっとしててわかんないし。
ダメだ。これじゃBレポート。まぁいっか。卒業だけはできそうだし。

さて、行ってくるかな(クリック)
[PR]
by mkt700 | 2004-04-29 22:01 | 日記
図書館爆睡事件最終回
な、なんちゅう寝方…
俺は彼がどういう格好で寝ているのか把握するため、
彼の後ろの席にまわって様子を伺った。

↓よく見てみると

a0015090_141719.jpg


ちゃんとクツだけではなく、靴下まで脱いでいる!(笑)
さらに頭。首が「まっすぐ」になる高さまでいろんなものを置いている!(笑)

ちなみに席と席の間隔は1m弱。彼の身長は1m80cmくらい。
非常にコンパクトに収まっているのをみて、俺は昔のSONYのCMを思い出した。
「人間は、PIXYの幅があれば生きていける」…

しかし、なんてクリエイティブな寝方なんだろう。
実はこの図書館、すぐ近くにソファーがあって、その日は誰も使ってなかった。
なぜ彼は、ソファーじゃなくて、机の上で寝てんだろう…

そこで思い出した!
俺、今日、デジカメ持ってきてる…

しかしかなり迷った。

周りの人たちは、俺が写真撮ってるのを見たらどう思うだろうか。
周りを見渡す…数人しか居ない…しかもみんなかなり集中してる…
…いける!

しかし、全然知らない白人のお兄さんの寝相を撮って良いものか。
でも、でもコイツ、やっぱ面白すぎる。

で、結局2枚ほど、ノーフラッシュで撮らせてもらいましたとさ。
[PR]
by mkt700 | 2004-04-29 14:18 | 日記
図書館爆睡事件その2
(前回からのつづき)

集中して勉強していたら、向かいの席から寝息が聞こえてきた。
このフロアは私語厳禁フロアで、しかも休みの日だから空いていて、
寝息ですらハッキリと聞こえてくる。

人が少ないのを良い事に、さっきまで彼の隣の席にいた
彼女さんとブッチュッチュってして、バイバイしてから15分後くらいかな。
もう勉強に飽きたのかよコイツ…

そしてふと机の下のかばんの中から、ファイルを取り出そうとしたとき、
俺はその事件がおきていることに気がついた。

…足が無い。。。

そう、向かいの席のやつの足がない。
だとするとこの寝息はどこから??
あ、でもクツはある。ってことはお化けじゃないな。 ふぅ。

?!

おそるおそる、パーテーションの向こうを覗いてみた…
そして、わ、私は見てしまった!!

a0015090_18357.jpg


!!!!!!!

つづく
[PR]
by mkt700 | 2004-04-26 18:04 | 日記
図書館爆睡事件その1
最近ブログをつけ始めてから、デジカメを持ち歩いている。
ビジネススクール通いが日常の当たり前の光景になっているが、
それもあと2週間で終わりを告げてしまうからだ。

このブログは個人的な日記としてつけているのだが、
やっぱ写真があったほうが自分でも見てて楽しい。

そんな折、事件は起きた。

図書館でいつものように缶詰になって勉強していたら、
向かいの席のヤツが爆睡をしていたのである。

?図書館で爆睡するのがなぜ事件かって  (・・?
a0015090_131221.jpg


↑これが私の席から見た爆睡男の画像である。

(つづく)
[PR]
by mkt700 | 2004-04-25 13:13 | 日記
Strokes Live!
a0015090_221441.jpg
今日は期末間近で時間がないというのに、StrokesのLiveに行ってきました。
中規模都市まで来てくれんだから、行かなくちゃ!ってことで。
カレッジタウンだからだろうな。

会場は地元の映画館。日本じゃあまり考えられない。
古い映画館だから音響があんまよくなかったけど、
かなり近かったからまぁ良いでしょう。

Strokesは日本ではどうなのか良く知らないけど、
アメリカでの人気は、思ったほどでは無い感じ。
一部の音楽ファンに知られてるって感じで、ジャスティンティンバーレイクとか、
ああいういわゆる「売れ筋」の方々とは違って、みんな知ってる感じじゃない。

会場は狭かったのに、チケット発売から売切まで2週間くらいかかってたし、
客席も全席自由で早く行ったもん勝ちだったのに、
席が埋まるまで結構時間がかかったし。

「Alternative」ってカテゴリ、日本じゃあまり言われなくなった?けど、
こっちではTicketmaster.comなんか見ても残ってて、
StrokesなんかはAlternativeの代表格でしょう。

メインストリームには出てこない、テレビやゴシップに出ないって感じ?
って言っても、UKなんかじゃもう相当Big Nameみたいだけど。
この夏のV Festaでもトップを飾るらしいし。

Live内容はというと、超渋い!マジでカッコイイ!
やる気ない感じの喋りも良かったし、当たり前だけどちゃんと上手かったし。
たまに日本で見るバンドモドキのアイドルたちとは、やっぱ全然違う。
(比較しちゃいけないか…)

持ち歌全部足しても70分くらいだから、どうすんだろうなあと思ってたら、
喋りもあわせて80分で終わってしまった(笑)
「お約束」アンコールもナシ。
この辺が渋くてまたイイ。

オーディエンスのノリも良くて、みんなで大合唱。
これはアメリカならでわだなー。

やー楽しかった。楽しかった後には、宿題の山…
がんばろうっと。
[PR]
by mkt700 | 2004-04-23 22:10 | 音楽
テスト中止?!
いつの間にか週末が残すところたったの2回…

プロジェクトのレポートを進めるのに、
まとまった時間が取れるのは週末だけだから、
これ、かなり切羽詰っている。
しかも期末テストまであるし。

幸いテストのうち一つは、今日、生徒の一人が教授に
「期末テストを無くせないか」という素晴らしい提案をしてくれて、
先生も前向きに検討、クラスの始めにみんなで議論して結局、
「中間テストか、期末テスト、良かった方を2倍する」
というなんだかよう分からん事に決まった。
中間テストの点数を2倍でOKな人は、テストを受けなくていいってこと。

俺は中間が39点/40点 だったから、今回は満点を取らないとよくならない。
んーー。その低い確率のためにわざわざテスト勉強するのもなあ。
しかも良くなってたかだか2点/200点だけだし。。。

ちなみにどうしてそういう事になったかというと…
その講義はEntrepreneurial Management
つまり「起業論」とでも訳すんでしょうか。

この講義は実践的で、講義の時間はケースとゲストスピーカーが殆どを占め、
そのほかに2つのプロジェクトを並行するって感じで、テストやる内容が
あまりなく、数少ないレクチャーでやったものの中から小論文テストをやる
って感じで、テスト勉強自体にあまり意義が見出せない事もあると思う。

でも「テストやめようよー」って生徒が騒いで、ほんとになくなっちゃう
(正確にはなくなってはいないが、多くの人は受けなさそう)
ってところが、アメリカだなー。

ちなみに成績は、
中間テスト20%
期末テスト20%
プロジェクト(コンサル)20%
プロジェクト(起業)20%
クラス参加率20%
で評価される。

クラス参加率をテストで補う俺としては、
フツーにテストやってくれたほうが挽回のチャンスがあるから良いんだけど、
まぁ楽できるし、いいかっ!って感じ。
[PR]
by mkt700 | 2004-04-22 05:07 | 日記
クラスパーティシペーション
こっちのクラスでは、「クラスパーティシペーション」というのが、
成績の30%ほどを占めるクラスが多い。

要は講義中のディスカッションへの参加率、貢献度を点数評価するという事。
外国人である俺には、これがとてつもなく難しい。

考えが浮かんでも、まとまった英語にするまで時間がかかり、
その間に議論が違う方に進んでいってしまうこともしばしば。

考えまとめて手を上げても、他のヤツが指されてしまい、
そいつが同じ方向で行けば大丈夫だが、議論が別の方に流れてしまうとヤバイ。
その次に「キミ、手を上げてたよね」と指されてしまうと、準備が出来てない上、
しばしば米国人の意見がリスニング力の欠如により、正確に聞き取れない為、
お手上げ状態になってしまって、かなりみっともない。
アメリカ人学生同士で議論が進んでしまうと、
議論の方向すら見えなくなることもしばしば。聴き取れない…

だから俺は、教授が「じゃあ次、これについてどう思う?」という、
その切りかわる瞬間を待って、手を上げる。
つまりトップバッターの初球打ち。最初の意見を言う。

しかし、最初の意見=意見をまとめる時間が殆どない ため
しっかり予習して問題点を事前に把握していることはもちろん、
どういう言い回しをするかも、手を上げて指されるまでの数秒で
組み立てなければならない。
やっぱ打率は低く、ポイントズバリってことは、なかなか言えない。

だが俺も最後の学期になって、漸く慣れてきた。
アメ人の生徒の発言もある程度聞き取れるようになり(インド人は不可能)
カウンターアタックも試みるようになった。(決まったためしなし)

今日は絶好調。4打数4安打。うち2本は長打クラス。
話題が国際ビジネスだったから、やりやすかったのもあるけど。

さて午前2時。これからもうひと頑張り。
ケース読んで発言に備えないと。

ふ~(クリック)
[PR]
by mkt700 | 2004-04-21 16:10
アサインメントの山
今日はEntrepreneurial Managementの講義を受けたあと、
Corporate Strategyのレポートの作成に取りかかった。

「リソースを共有して、うまくコントロールするとシナジー効果が生まれる」云々…

某日本メーカーを題材にしていろいろリサーチして分析してみたものの、
どうも書いててもピンと来ないものが出来上がってしまった。
大体2ページでまとめろってのが無理があるよなー。

ま、でももう2,3回改訂すれば、もうちょっとまともなものができるだろう。

煮詰まったところでGlobal Marketingのケース分析レポートの仕上げ。
こちらは友達のRickyの上手い表現に助けられ、キレイにまとまっている。
あとはチョコチョコッと体裁を整えればおしまいか。

ってところでPM11時。図書館が閉まるので帰らなければ。

家に帰ってからも更に不良債権化したアサインメントの山山山。

あと3週間しかない上、期末テストまでやってくるのに、
こんなに沢山あって、一体本当に全部終わるんだろうか?
っていうか、中国のレポートはマジでヤバイ。
レポート30枚はやらなきゃいけない=これだけで1週間はかかりきり?

しかしこれだけ沢山やることがあると、
どれから手をつけて良いのか分からなくなり、
結局何もせずにテレビ見たりしちゃうから怖い。

そして追い詰められてから毎回思うこと
「次の学期では、早め早めに準備して、計画的に勉強しよう」
あーあ。結局それが一回もできないまま最後の学期だ…
[PR]
by mkt700 | 2004-04-20 13:53 | 日記
第一回目
ブログというものが流行っているらしい。
ちょっと見てみたら、これ、なかなか面白そう。

アメリカでもブログは随分普及しているけど、
自分の周りで始めている人は少ない。
でも、先週のStrategyの講義で
GoogleのビジネスモデルについてのBlogがプリントで配布され、
その次の講義でのDiscussionの対象になるなど、
かなり身近な存在になってきている。

そこで!
とりあえず、自分で日記風にしてつけてみる事にしてみました。

でも、作り方がわからない。。。
自分のHPも持ったことないし、インターネットは見てるだけだったので、
デザインとかなんかちっとも分からん。

もうちょっとまともなテンプレート(「スキン」って言うの?)ないのかよ…
基本的に3日坊主なので、どこまで続くか分からないけど、
マーケターとしては、やっぱ流行りモノには手を染めろ、ということで、
ちょっと試験的に始めてみます。

んー、一体どうやって投稿するんだ?
トラックバック?? トラックが、バック??
全然分からん…

あ、これか。送信(クリック)
[PR]
by mkt700 | 2004-04-20 10:46